フードロスをなくそう。サスティナブル推進型ECモール「ReLife(リライフ)」出店企業を募集開始

ECのミカタ編集部

株式会社ウィズオノウェア(本社:大阪府大阪市、代表:石橋範隆)は社会貢献活動の一貫で、サスティナブル推進型ECモール「ReLife(リライフ)」の出店企業募集を開始した。

出店リスクゼロでフードロスを解消

新型コロナウイルスにより、飲食業、旅行業などを営む業者が大きな打撃を受けており、今後も第2波により収束の見通しがたたない状況が続いている。

そのような厳しい状況にある業者へ支援の輪を広げるために、出店リスクゼロのECモール「ReLife(リライフ)」がオープンした。

ReLifeは「フードロス、在庫廃棄を限りなくゼロに近づける」というコンセプトで、賞味期限が近い食品や型落ち在庫など、近い将来廃棄されてしまうような商品を通常価格より安く提供するECモール。
SNS発信による商品広報活動や、キャンペーンによる購買促進活動は全てReLifeにて実施し、出店業者のフードロス対策や認知度向上をバックアップする。
店舗登録・出品は完全無料。

オープニング企画とし、新型コロナにより経済的打撃を受けた事業者向けに、出店料、販売手数料も完全無料のキャンペーンを同時に開始する。

ReLifeの特徴

ReLifeはフードロス・在庫ロス専門モールだ。
店舗登録・商品の出品は完全無料で、店舗登録から発送までの仕組みもシンプルで分かりやすくなっている。

店舗や商品の広報活動はReLifeがSNSやWEBを使って行う。

コロナに負けるなキャンペーン期間のみ、お試しとして販売手数料も完全無料。
販売手数料とは商品売上に対して5%をReLifeに支払う手数料で、2020年10月末までのキャンペーン期間中は販売手数料も全て無料だ。
カード決済手数料のみ、出店者の負担となる。

ReLifeが業者と顧客に与えるもの

Relifeが支援していきたいのは、下記のような業者だ。
・新型コロナウイルスの影響で、在庫が大量に余ってしまっている。
・外出制限などで人がいなくなり、顧客が激減した。
・大手ショッピングモールで出店を検討したことあるが、月額や手数料が高くて諦めた。
・自社店舗をオープンしたが、顧客が来ずまったく売れない。
・アフターコロナに向けて、新しい販売チャネルを作りたい。

一方で、ReLifeは下記のような顧客に求められるECモールとなるだろう。
・買い物を通じて、社会貢献活動に参加したい。
・買い物や外食がしにくいので、ECサイトで良い商品を楽しみたい。
・今まで高価で買えなかった商品をリーズナブルな金額で購入したい。

ReLifeは新型コロナウイルスで厳しい状況にある全ての業者を応援する。
今の厳しい状況を少しでも改善したいという業者に寄り添い、一緒にこの危機を乗り越えていける存在になれることを目指している。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事