SUZURIの2020年6月の流通額が過去最高の4億円を突破!夏のセール8日間のTシャツ受注数が11万枚超

ECのミカタ編集部

GMOペパボ株式会社が運営するオリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI(スズリ) byGMOペパボ(以下「SUZURI」)」は、2020年6月1日(月)~6月8日(月)の8日間に実施した『SUZURI夏のTシャツセール』において、Tシャツ受注数が過去最多となる11万枚超を記録し、さらに、2020年6月の流通額は過去最高の4億円を突破した。

Tシャツの受注増加で過去最高の流通額を記録

「SUZURI夏のTシャツセール」は、2017年から毎年開催している、対象のTシャツを1,000円引きとする期間限定セール。2019年6月に実施したセールでは8日間で4万枚超だったところを、2020年は対前年比272%となる11万枚超のTシャツを8日間で受注した。

また、Tシャツ受注数の増加も影響し、2020年6月の「SUZURI」全体における流通額は過去最高の4億円を突破。対前年同月比347%に拡大した。

コロナ禍でクリエイター登録数が増加

急増の要因として考えられることとして、1つ目がコロナ禍でクリエイターが増加したことだ。「SUZURI」には、イラストレーターやYouTuber、お笑い芸人をはじめ、企業や学生など、2020年6月末時点で30万人を超える幅広い属性の人々がクリエイターとして登録している。

新型コロナウイルスの影響でイベント等が軒並み延期・中止となっていることを受け、ミュージシャンやお笑い芸人といったクリエイターの仕事は激減した。ライブハウスや映画館、飲食店をはじめとする施設・店舗なども、緊急事態宣言下における臨時休業や、営業再開後も客足が戻らないことなどから、売り上げの落ち込みが続き、経済的に大きな打撃を受けている。

数字を見れば、コロナ禍の中新たな収入源としてオリジナルグッズの販売を始める個人や企業が増加してきているのがわかる。2020年4月、5月の「SUZURI」における新規クリエイター登録数は、前年同月比218%と大幅に増加し、6月以降も増加傾向にある。

その要因として「SUZURI」では、個人や企業がオリジナルグッズを制作する際、通常発生する「制作コスト」や「売れ残った場合の在庫管理」などが不要な点が、コロナ禍で困っている人々に評価されたと考えられている。

コロナ禍の影響を受けたクリエイターを支援する施策や店舗を支援する施策を実施したことも、クリエイター登録数の増加の大きな要因となっているだろう。これらの要因により「SUZURI」の登録クリエイターが増加したことで、販売されるTシャツが増え、受注数の増加につながったと予想される。

消費を通じて地域や団体・個人などを応援する”応援消費”

2つ目が“応援消費”の高まりだ。

近年、ふるさと納税やアーティストのグッズ購入など、消費を通じて地域や団体・個人などを応援する“応援消費”が増えている。

特にコロナ禍においては、この“応援消費”の動きが広がりを見せ、「SUZURI」でグッズを販売している団体やクリエイターを応援したい人たちが積極的にグッズを購入したことで、Tシャツ受注数の増加につながったと考えられる。

その他、2020年3月にビッグシルエットTシャツを追加、5月には定番Tシャツのカラーを8色追加し、計30色の豊富なカラーバリエーションを取りそろえるなど、選べるTシャツの種類やカラーのラインナップが増えたことも、Tシャツ受注数の増加に寄与したとされている。

クリエイターに嬉しい「SUZURI」

「SUZURI」は、自分のパソコンやスマートフォンからイラスト・写真をアップロードするだけで、簡単にオリジナルグッズを作成・販売することができるサービス。

クリエイターは初期費用や月額利用料、販売手数料といった費用をかけずにグッズを作成・販売することができ、販売価格も100円単位で設定できるため、販売利益と原価を合わせた金額で販売することが可能。

また、注文が入ってから生産が開始され、工場から購入者の元へ直接発送されるため、在庫を抱える心配や商品を配送する手間もかからない。「SUZURI」では在庫を抱えずにシルクスクリーンで印刷したTシャツを販売できる機能を、2020年6月22日(月)から提供開始した。

今後もクリエイターがよりよい環境でグッズを作成・販売できるよう、アイテムの拡充や様々な企画の実施を検討していく所存だ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事