【SELF LINK実証導入】明太子のふくや、ECでの接客を自動化

ECのミカタ編集部

SELF株式会社は、株式会社ふくやの運営するオンラインショップに、リアルな接客対話を実現するセールスオートメーション(SA)システムの「SELF LINK」を実証導入した。

オートメーションシステム「SELF LINK」をふくやに導入

「SELF LINK」は、実店舗での接客のような会話や提案を、オンラインショップ上で可能とするセールスオートメーションシステム。今回「SELF LINK」の実証導入先として、食品販売のふくやのオンラインショップに導入した。

<実証導入詳細>
期間:2020年8月19日(水)〜9月18日(金)
導入サイト:https://www.fukuya.com/

ふくやのオンラインショップは明太子をはじめ、缶詰や博多の名産品など取り扱い商品は多岐に渡り、贈答品や日用品など目的も様々。そのようなサイトの中で顧客体験を変化させ、利便性を高めることで、コンバージョンへとつなげていく。

実証導入の3つの特徴

以前に東急百貨店でおこなった実証導入を元に、更にサービスを向上させた。

1)会話表現、商品提案の精度が向上

AIとの会話の中で、ユーザーの目的や趣向、予算を聞き出し、最適な商品を提案。会話は簡潔な言い回しができるようにチューニングを施すとともに、ユーザーが迷いづらい回答表現にこだわった。商品提案の切り口の幅も広げ、ユーザーニーズと商品のマッチング精度のさらなる向上を実現する。

2)UIの変更により、使いやすさが向上

今回、SELF LINK内に「お気に入り機能」を追加。会話の中で気になった商品をお気に入り登録することで、後からの絞り込みが可能になる。選択を間違えた、前のページに気になるものがあった場合など「会話を戻す機能」が追加されたため、ユーザーがストレスなく会話を進めることもできるようになった。

3)問い合わせにも対応

よくある質問などをSELF LINK内で確認することができ、ユーザーが様々な検索をする必要がなく、ユーザビリティの向上に貢献する。

リアルな販売員のようなサービス提供を目指すセールスAI

セールスAI「SELF LINK」は、豊富な商品知識を持った販売員のような対応・提案を提供。導入サイトの全商品の特徴を自動で把握した後、全ユーザーの行動も分析・把握し、サイト上の商品の人気・アクセス傾向などを統計的に導き出すことが可能だ。

会話から顧客一人ひとりのニーズを引き出し、そのニーズに対して、買う根拠を示す提案会話を実施することで「顧客の迷い」を払拭し、顧客が納得できる購買体験を実現する。今回の実証導入の結果次第で、より精度の高いセールスAIとして成長していくことに期待したい。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事