コクヨ、ECモールサイトの売上前年比を発表。コロナ禍でオフィス家具需要が急増

ECのミカタ編集部

オフィス家具などを扱う、コクヨ株式会社(本社:大阪市、代表:黒田英邦)は個人向けオフィス家具を対象とした2020年の「ECモールサイト売上前年比・販売ランキング」を発表。コロナ禍で在宅勤務が普及し、オフィス家具の自宅需要が高まった今年ならではの結果となった。

ハイブリッドな働き方が主流に

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレワークを導入する企業が増加し、出社とテレワークを組み合わせたハイブリッドな働き方が注目を集めた。内閣府が2020年6月21日に公表した「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」によると、全国でテレワークを経験した人の割合は34.6%となり、「ほぼ100%テレワーク」の働き方をしている人も全体の10.5%の割合を占めた。また、今後もテレワークを継続していきたいという意見も多く寄せられた。

ECモールサイト全体の売上前年比は約300%を推移

コクヨにおける2020年1月から11月までの前年同月売上比を見ると、緊急事態宣言が発令された4月から大きく伸び、緊急事態宣言解除後の6月は前年比811%、7月以降も前年比300%前後の売上が続いている。緊急事態宣言解除後も、継続してテレワークを実施する企業が多く、自宅での仕事環境を整える人が多いと推測される。

在宅勤務で最も注目されたのは「回転イス」

2020年1月から11月までの商品カテゴリ別売上前年比を見ると、回転イスが前年比約400%を記録している。普段オフィスで使用しているようなデスクワークに特化した回転イスへの需要が高まっていることが読み取れる結果となった。

高価格帯の回転イスが売上の半数を占める

商品シリーズ別に売上構成を見ると、回転イスでは、座面が揺れることで座りながら体を動かすことができる「ing(イング)」が33%を占めた。他にも、優れた背もたれ調整機能が特徴の「Duora(デュオラ)」や、様々な姿勢をサポートする「Bezel(ベゼル)」など、高機能で高価格帯の商品も、全体の2割近く選ばれている。

また、デスクにおいては2020年9月に発売されたコンパクトながら快適に仕事ができる大容量シェルデスク「INVENT(インベント)」が人気を集め、デスク売上の85%を占めている。シリーズの「INVENT-SH)」「INVENT-FS」は、在宅勤務中の快適な部屋づくりを実現する機能も充実しているため、ON/OFFの雰囲気を両立したいと考えるユーザーに評価されている。

今後の在宅勤務を見越した投資をする人が増加

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、働き方は急速に変化し、テレワークの導入を進める企業が増加した。自宅の仕事環境を高めたいというニーズが急増し、オフィス家具が注目を集めている。今後のさらなる市場拡大に注目していきたい。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事