不正注文検知サービス『O-PLUX』がECオリジン byGMOとの連携を開始 コストを抑えつつ、より安全なECビジネスの展開を支援

ECのミカタ編集部

不正注文検知サービス「O-PLUX」を提供するかっこ株式会社はECサイト構築パッケージ「ECオリジン byGMO」との連携を開始した。

開発コストや構築期間を抑えられる

ECでのチャージバックなどを防ぐ不正注文検知サービス「O-PLUX」を提供するかっこ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO : 岩井 裕之 以下、かっこ)は、GMOシステムコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 :寺島 俊樹 以下、GMOシステムコンサルティング)が提供するECサイト構築パッケージ「ECオリジン byGMO(以下、ECオリジン)」との連携を開始した。

同社によれば、連携を通して不正注文検知サービスを導入するためのシステム開発コストや、構築期間を最小限に抑えることが可能になるとしている。

O-PLUX × ECオリジン

同社がまとめる連携によるサービスのメリットは次のようなものだ。かっこが提供する、不正注文検知サービス「O-PLUX」は、国内のEC事業者を中心に20,000サイト以上が利用しており、クレジットカード不正や後払いの代金未回収などの課題を解決にあたってきた。

一方、GMOシステムコンサルティングが提供する「ECオリジン」は、ネット通販に必要なオペレーションの想定と豊富な標準機能を提供しており、手軽かつ自由度の高いECサイトのシステム構築が可能となっている。今回、2社が連携することで、EC事業者にとってより手軽に安心してサービスの利用ができるようになるとしている。

◆導入メリット
・約20,000サイトでの利用実績がある不正検知サービス
・加盟店毎に不正判断の基準を調整可能
・不正リスクの高い注文を、自動的に出荷保留・停止できるため運用効率アップ
・不正チェックフローを大幅改善

より安全なECビジネスの推進が可能に

GMOシステムコンサルティング株式会社取締役、渡邉浩平氏から次のようなコメントが出されている。

「GMOシステムコンサルティング株式会社は、かっこ株式会社の不正検知サービス『O-PLUX』と『ECオリジン』との連携サービスの提供開始を心より歓迎いたします。昨今、クレジットカード不正や転売など、EC事業者様が安心してECビジネスを推進したいというニーズが高まっております。本連携サービスをご活用いただくことで、スピーディーに守りの部分を強化することで、より安心したECビジネスの推進が可能となります。今後もGMOシステムコンサルティングは、かっこ株式会社様との強固な連携を通じて、お客様のデジタルコマースソリューションの推進に貢献してまいります」

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2020年は巣ごもり需要が高まりECサイトの利用が増加した。同社が引用する通信販売事業関与者の実態調査2020によると、「コストの削減」に課題を感じている通信販売事業者の割合は2016年から毎年過半数以上となっており、2020年においては58%を占めているという。そこからは、年商別での大きな差はなく、規模を問わずコストについて課題意識を持っていることが分かる。

また別の課題として「事故が起きない安全なシステム強化」が前年比11.7%の2ケタ増と増加傾向にあり、年商別では、100億円以上の企業の過半数以上(53.6%)がそれを課題にあげている。事故には、システム遅延や障害が考えられるが、クレジットカード情報の流出もその1つに含まれる。

オンライン取引によるクレジットカード被害総額は、2019年時点で220億円にものぼり、今年1-6月までのクレジットカード情報の流出件数は、1万件を超える。そのなかでも、流出したクレジットカード情報を悪用し、ネット通販で不正購入をするケースが多く見られた。こうしたECとその決済における厳しい状況を前に両者の連携は、不正に対処するための新たな希望となりそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事