共同購入型ECモール『ショッピン』がスマホアプリをリリース LINEオープンチャット機能も搭載

ECのミカタ編集部

共同購入型ECモール「ショッピン」を運営するカラフル株式会社(東京都中央区 代表取締役:齋藤康輔)は、同サービスのスマートフォンアプリをリリースした。

オープンチャット機能を搭載

共同購入型ECモール「ショッピン」を運営するカラフル株式会社は、同サービスのスマートフォンアプリをリリースした。アプリにはショッピングをする「楽しさ」に注目した"オープンチャット機能"が搭載されているという。

ショッピンとは、共同購入型のECモールだ。共同購入型のECモールとしては国内初(同社調べ)となる2019年9月にサービスローンチ以来、国内最大級のサービスとなっている。

共同購入(シェア買い)とは、一人で商品を購入するより、家族、友達、知人などと一緒に商品を購入することで、一人で商品を購入するよりも安く商品を購入できる仕組みだ。同社は、この仕組みのことを「シェア買い」と名付けている。

LINEオープンチャットで情報の非対称性をなくしていく

同サービスでは、シェア買いのメンバーを募ったり、自分の買った商品の口コミを投稿するためのコミュニティを、2019年末よりLINEオープンチャット内に開設した。オープンチャットには約4100名(機能上限5000名)が登録しており、ほぼ100%のアクティブ率となっているとしている。

同社では、ユーザー同士で生の口コミを交換することのできるオープンチャット機能を通して、商品を売る人と買う人の間に存在する情報の非対称性をなくしたいと考えているという。

より活発なコミュニケ―ションを創出

同社では、アプリ開発の経緯として、次のように述べている。

「『ショッピン』は『みんなで楽しくおトクに買い物ができるプラットフォーム』を目指しております。ユーザー同士がオンラインで繋がれるようになることで、
「ショッピングを通してコミュニケーションできるのが楽しい」「未知の面白い商品に出会える」「他のユーザーの生のレビューが役立つ」のニーズがあることを上記のLINE公式オープンチャットにて実証いたしました。LINE公式オープンチャットでの実証結果をふまえて、上記3点のニーズを満たすオープンチャット機能を搭載したアプリをリリースすることに決定いたしました。

皆さんに気軽にご投稿いただけるよう投稿から72時間でメッセージが非表示になる仕様となっております。またより多くのユーザー様同士がやり取りできるようにするためiOS/Android版の同時リリースとしております。なおオープンチャット機能の一部については特願2021-10646にて特許を出願しております。今後はアプリユーザー限定のキャンペーンや、クーポンの配布を行うことで、当コミュニティを活性化して参ります」

共同購入型というユニークなモデルで存在感を示す「ショッピン」。今回、いよいよモバイルアプリのリリースとなった。スマホをはじめとしたモバイルデバイスからのEC利用は、近年、特にその割合が増えており、アプリの投入は、同プラットフォームの利便性と価値をさらに高めることになりそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事