Yahoo!ショッピングで、この冬に売れているものとは?

ECのミカタ編集部

ヤフー株式会社は、ヤフーショッピングにおいて、家電カテゴリ内で売り上げを伸ばしている商品カテゴリについて、その理由の考察とともに紹介している。ここではその概要についてポイントを絞って見ていく(対象期間:2020年10月~2021年1月)。

「キッチン家電」カテゴリ

「キッチン家電」カテゴリでは、ワッフル、 ホットサンドメーカー(前年比298%)、炭酸水メーカー(前年比250%)、ホームベーカリー(前年比193%)、アイスクリームメーカー(前年比187%)、たこ焼き機(前年比177%)など、料理の必需品というよりも、外食しにくい状況が続くなか、自宅で食事やおやつを楽しむための「+α」といったキッチン家電の売れ行きが好調だとしている。

「冷暖房器具、空調家電」カテゴリ

「冷暖房器具、空調家電」カテゴリでは、空気を気遣う加湿器(前年比231%)や空気清浄機(前年比227%)の売れ行きが好調だ。また、秋冬に扇風機(前年比211%)の売上が伸びていることから、換気目的での購入が増えているのではないかと推測している。在宅勤務等で足元の冷えが気になる人が増えたのか、足温器、 フットバス(前年比188%)や電気毛布、ひざ掛け(前年比174%)のカテゴリの売れ行きも伸びている。

その他のカテゴリで売上を伸ばしている商品

「フィットネスバイク」や「マッサージ器」の売れ行きが好調だ。同社では、外出自粛等で運動不足やそれにともなう疲労感などを感じる人が増えたせいではないかと考察している。また、自宅時間を充実させるためとみられる、ミシン(前年比173%)、ボディ、フェイスケア美容家電(前年比227%)といったカテゴリの売れ行きも好調だ。

まとめ

このように、「キッチン家電」カテゴリでは、外食しにくい状況が続くなか、自宅で食事やおやつを楽しめるキッチン家電の売れ行きが伸び、「冷暖房器具、空調家電」カテゴリでは家で暖をとれたり、リラクゼーションを体感できる商品が売れていた。また「フィットネスバイク」「マッサージ器」ミシン(前年比173%)、ボディ、フェイスケア美容家電(前年比227%)といったカテゴリの売れ行きも好調だった。新型コロナウイルスによる感染拡大の影響が続くなか、テレワークの推奨や外出自粛等の影響で、家電製品の売れ行きに例年と異なる傾向が見られたようだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事