コメ兵ECサイトに“偶発的消費”を呼び起こす『nununi』が導入 リユースEC特有の課題をテクノロジーで解決

ECのミカタ編集部

awoo Japan株式会社は、株式会社コメ兵が運営する公式通販サイト「KOMEHYO ONLINE」において、人工知能による自動マーケティングプラットフォーム「nununi」の導入が決定したことを公表した。

SEO&CXを同時に最適化

人工知能による完全自動マーケティングプラットフォーム「nununi」(読み方:ヌヌニ)を提供するawoo Japan株式会社(本社:東京都新宿区、代表:林思吾、以下:awoo Japan)は、株式会社コメ兵(本社:名古屋市中区、代表:石原 卓児、以下:コメ兵)が運営する公式通販サイト「KOMEHYO ONLINE」において、nununiの導入が決定したことを公表した。

nununiは検索体験と顧客体験(SEO&CX)を1プラットフォームで「同時に最適化」し、かつ「完全な自動運用」も可能にした、全く新しい人工知能型マーケティングソリューションだという。

またnununiは高度なAI技術による「タグ接客」を実現しており、ユーザーの購買動機を推定しながら、顧客に「偶発的な商品との出会い(=偶発的消費)」を体感してもらうことを可能にし、より良い買い物体験価値を提供するとしている。

自動で自然流入を増やす

コメ兵は貴金属やブランド品といった様々な種類のリユース商品を数多く扱っているため、サイトを訪れる顧客も様々な購買動機を持っている。多種多様なニーズに応えながら、最適な商品を最適なタイミングでおすすめするにはどうするべきか、社内で議論がされていたという。

そんななかnununiを知り、nununiであれば商品1つ1つに、その特徴を表す最適なハッシュタグ(マイクロニーズタグ)が自動で付与され、このタグがユーザーの潜在的なニーズも掘り起こすことができ、顧客体験を大幅に向上できると考え、導入に至ったのだ。

また、nununiは顧客体験を高めるだけでなく、同時に自然流入も大幅に増やすことができるという。新規顧客獲得施策としてSEO対策を重要視していたコメ兵は、人的リソースを使わずに完全自動で自然流入を増やす仕組みがある点も評価ポイントだとしている。

リユースEC特有の課題をテクノロジーで解決

株式会社コメ兵 WEB事業部長 甲斐真司氏からの次のようなコメントが出されている。

「1点として同じものがないリユース品の特性上、ECサイト上の商品点数が非常に多く、『回遊性の改善』という課題を常に抱えながらも、なかなかこれというサービスに出会えずにいました。そのような中で、awoo Japan様からご提案いただいたのが『nununi』でした。実は、かねてから自動タグ付けのサービスには興味があったのですが、その他にも、『nununi』にはSEO改善やCookie規制への対応まで入っていることも分かりました。しかも『完全な自動運用』という点が非常に魅力的でしたので、導入を決定するまでに時間はさほどかかりませんでした」

リアル店舗で行われている偶発的消費体験をデジタル上でも再現することをビジョンとした、斬新なマーケティングプラットフォーム「nununi」。それが老舗リユース企業、コメ兵のECサイトに導入された。

偶発的消費を促すには、ユーザーの潜在的な購買動機を推定する必要がある。ユーザー「何が欲しいのか」に訴求し、その眠っている潜在的なニーズを、各商品に紐づけられたハッシュタグによって掘り起こしていくことで、「衝動買い」を誘発するソリューションは、リユースEC市場そのものの可能性も広げることになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事