OMO時代の多彩な販売方法を実現する『ORANGE OMS』の提供を開始 チャネルをまたいだ購買体験&在庫配送管理がスムーズに

ECのミカタ編集部

株式会社エスキュービズムは、OMO時代の多彩な販売方法を実現する受注管理システム(オーダーマネジメントシステム)『ORANGE OMS』の提供を開始した。

チャネルをまたいだ購買体験・在庫配送管理がスムーズに

株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役社長:薮崎 敬祐)は、OMO時代の多彩な販売方法を実現する受注管理システム(オーダーマネジメントシステム)『ORANGE OMS』の提供を開始した。複数倉庫在庫管理、店頭在庫のEC出荷、入出庫管理の簡易化、拡販施策管理などに加え、入出荷検品などをはじめとするバックオフィス機能を統合。

EC・店舗・倉庫の情報をシームレスにつなげることで、「店舗で商品を確認し、ECで支払う」や、「ECで申し込みした商品を店舗で試着、そのまま自宅への配送を依頼する」など、チャネルをまたいだ購買体験、在庫配送管理をシンプルなシステム構成で可能にする。

『ORANGE OMS』の特徴

◆販売情報管理によるマルチチャネル間接客の実現

チャネル(店舗・EC・コールセンターなど)によって散在していた情報を連携することにより、チャネルを跨いだ接客や購買など多彩なサービスを可能にする。例:店舗のスタッフが、お客様のEC購買履歴やコールセンターでのやりとりを把握できる。

◆在庫情報・在庫移動情報の一元管理を実現

複数拠点の在庫情報をシームレスに統合。店舗をEC出荷拠点として取り扱うなど、コロナ禍やOMOの時代に求められる柔軟な在庫管理・出荷・取り寄せ等に対応する。

◆バックオフィス業務負荷を下げる現場目線の設計

在来のEC系のシステムでは実現が難しい出荷検品・入庫検品などの情報統合も現場のニーズに合わせたタブレットアプリを用意することで、業務負荷を下げながらEC在庫・他店在庫・自店在庫などの複数の在庫を一元化し効率的な販売・在庫管理を実現する。

『ORANGE OMS』 課題対応例

◆アパレル<他店在庫の移動や客注対応>

顧客のサイズに合った商品を自店在庫/他店在庫から検索し、引当/客注登録/移動指示・依頼/POS決済までをシングルプロセスで行うことが可能。物流在庫としての管理から、入荷・入庫検品作業まで対応し、在庫区分として客注入荷商品は別在庫区分を割り当てて棚卸などにも対応するなど、多様化するビジネス要求に応えることが可能だ。

◆食品販売<ロット管理、賞味期限管理など>

期限管理専用のコードを利用した在庫入庫・販売時のロット管理など、在来は手動で実施していた業務の多くを効率化することが可能。例えば「期限が近づいた商品を在庫用途変更しノベルティ化する」などの弾力的な運用も、店頭のタブレットアプリから手軽に対応できる。ほぼ全ての業務を一つのシステムで実施するため、適切な在庫・期限管理を実現した上で、業務効率の向上が企図できる。

OMO時代の新たなニーズに対応

公表に際して同社では次のように述べている。

「コロナ禍でECの需要が拡大するとともに、店舗在庫の有効活用、全社のリソースマネジメントの最適化という観点から、ECの世界とリアル店舗の世界の融合が今後より強く求められ、その傾向は当初予想されていた以上のスピードで進んでいます。

今後このOMO時代のビジネスでは在庫のフレキシブルな活用による販売機会逸失のリスク低減お客様が望むチャネルでの取引方法の提供、販売実績や評価を正当に行うためのデータ構築など、単にオムニチャネルシステムとして整備する以上のワークロードが存在していることを考慮の上、多様な条件を考慮してシステムを組み立てていく必要があります。

エスキュービズムは、ECと店頭POSを統合したオムニチャネルパッケージの開発・運用ノウハウを集結し、新たにオーダーマネジメント(受注管理)・店舗運用最適化を実現するシステムとして『ORANGE OMS』を開発いたしました。本サービスのご提供を通して、OMO時代に新たに求められる機能・システム課題の解決に努めてまいります」

もはやオンラインとオフラインをまたいだ販売手法やマーケティングは、当たり前ともなっており、そうしたOMO施策を効果的に実行することが、EC市場における熾烈な競争を勝ち抜くためのひとつのカギともなっている。一方で、そのためには、販売そのものだけではなく、在庫の配送管理までふくめた業務で少なからず乗り越えるべき課題も横たわる。まさにそのニーズに対応したORANGE OMSは、OMO時代のECビジネスを力強く支援することになるだろう。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事