オークファンが在庫管理AIソリューション『zaicoban』にて無料在庫診断サービスを開始

ECのミカタ編集部

株式会社オークファン(本社:東京都品川区、代表取締役:武永修一、以下「オークファン」)は、在庫管理AIソリューション「zaicoban」にて、無料在庫診断サービスを開始したことを公表した。

流通・小売業者が抱える「在庫問題」解決を支援

同社は、この無料在庫診断サービスは、流通・小売業者が抱える在庫の問題に対し、スピーディーかつ手軽な方法で解決に向けたアクションを提案するための取り組みだとしている。zaicobanとは、オークファンは創業来培った売買データとAI技術を活用して、流通・小売業の企業向けに、滞留在庫などの在庫にまつわる経営課題を解決する在庫管理AIソリューション「zaicoban」を提供している。

zaicobanは、外部データをもとにした客観的な評価を毎日更新しながら、具体的なアクションまで提示するサービスとなっている。zaicobanを利用することで、滞留予測に基づいた在庫移動アクションや価格設定を把握できるため、粗利率や在庫回転数といった指標の改善に資する。

無料在庫診断サービス概要

zaicobanは、流通・小売企業様が保有する自社データと、オークファングループが有する700億件を超える市場実売データを掛け合わせ、その商品が抱える課題を分析・可視化する。

今回、開始した在庫診断サービスでは、JAN(商品識別コード)と在庫数を入力するだけで、企業の抱える在庫の滞留リスクや、どの商品が売れそうか・売れないかを無料で分析。

その分析結果に基づき、滞留リスクの高い商品はオークファングループによる買取/代理販売などの支援も行う。またzaicobanでは、今後もさらなるアップデートを展開する予定だとしている。

RE-INFRA COMPANYの挑戦は続く

近年では、SDGsに始まり、世界中で廃棄ロス問題が大きくクローズアップされており、日本では年間22兆円の商品が、そして世界では年間100兆円の商品が廃棄されているという。この課題に対して、オークファングループは正面から向き合い解決すべく、「RE-INFRA COMPANY」と自身を再定義している。

「RE」とは、すでにあるものを捉え直し、より良く組み替え、再構成するという意味を含んでおり、同社グループは「RE」に関する様々な機能を繋げ統合することで、モノとそれに関わるヒトの価値を、再配分・最適配分し、廃棄ロスという社会問題を解決することに挑んできた。

今回、新たに在庫管理AIソリューション「zaicoban」無料在庫診断サービスが加わったことにより、流通・小売業者が抱える「在庫問題」解決支援を通して、その取り組みがさらに加速することになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事