佐川×ロジクラ ECフルフィルメントサービス『XTORM』の提供開始へ

ECのミカタ編集部

佐川グローバルロジスティクス株式会社と株式会社ロジクラは、共同で提供するECフルフィルメントサービス「「XTORM」を開始することを公表した。

2021年5月より開始

SGホールディングスグループでロジスティクス事業を展開する佐川グローバルロジスティクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山本 将典、以下SGL)と、クラウド在庫管理ソフト「ロジクラ」を提供する株式会社ロジクラ(東京都新宿区、代表取締役 長浜佑樹、以下ロジクラ)は、共同で提供するECフルフィルメントサービス「「XTORM(エクストーム」を2021年5月より開始することを公表した。

クラウド在庫管理ソフト「ロジクラ」は、入荷から在庫管理、受注オーダーの自動取り込みから出荷までの全ての物流オペレーションを一括管理することができる。小売店舗、倉庫業にも対応し、マルチチャネルでの物流をサポートするクラウド在庫管理のSaaSだ。

ECに必要となる最適なソリューションを提供

新サービスは、SGLの物流機能とロジクラの在庫管理システムを融合させることで、物流における課題を解決するソリューションを提供するという。具体的には、SGLが提供している「シームレスECプラットフォーム」を活用し、最適な物流スキームの構築を支援するとのとだ。

2020年1月に竣工した、SGホールディングスグループの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」において展開する「シームレスECプラットフォーム」は、佐川急便の大型中継センターと直結していることで、最短、当日でのスピード配送を実現する。

またセール等の急激な出荷増にも対応可能なキャパシティを固定費ゼロの従量課金制で利用することができるという。さらにクラウド在庫管理ソフト「ロジクラ」から直接入出荷依頼が可能になり、「ロジクラ」とShopify等の通販モールを連携させることで、出荷の自動化を実現する。

「ロジクラ」は複数拠点での在庫管理・入出荷が可能なため、自社倉庫、その他委託倉庫等の使用目的に応じた複数拠点の利用・管理など、顧客のニーズに合わせたサービスを提供することも可能となっているとしている。

激変するEC市場とその課題に対応

新型コロナウィルスの感染拡大の影響もあり、日本のEC業界は大きな転換期を迎えている。多くの小売事業者が、新たにEC事業に乗り出す流れが加速している中で、在庫管理から販売・決済までのスキーム構築や、物流設計に伴う初期投資などに課題を抱えている現状があることも事実だ。

またすでにEC事業を展開している企業でも需要増加に伴うスペースや人員の不足、急な出荷増に伴う出荷遅延やクレームへの対応などの課題が横たわる。こうしたECとその物流が抱える問題に正面から対応するのが、今回提供される新サービスだ。ECの物流を支える佐川とクラウド在庫管理ソフト「ロジクラ」を提供するロジクラ社のシナジーによって、変化の激しいEC市場での事業者のビジネスを力強く支えることになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事