【LINE調査】Twitter・インスタなどスマホ検索時の利用サービスは年代の違いが顕著に

ECのミカタ編集部

LINE株式会社では、同社が保有する約549万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営している。

今回、LINEリサーチでは、日本全国の13歳~79歳までを対象に、スマホで調べものをするときの検索行動(スマホを使って何を、どのように調べているのか、その検索方法を利用する理由や年代別の傾向)について調査し、その結果を公表した。ここではその概要についてポイントを絞って見ていく。

調査概要

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査

調査対象:日本全国の13歳~79歳の男女
実施時期:2021年7月2日~7月5日
有効回収数:15,731サンプル

※性別年齢構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある。

ネットで調べ物、スマホ約9割、PC約4割

何かを調べたいと思ったときに、何を使って調べたり、探したりしているかを聞いた。すると、「スマホ」が約9割、パソコンが約4割となった。スマホはすべての年代で9割前後となり、パソコンは男性20代、40代以上で5割弱となっており、全体的に男性の方がパソコンでも調べものをしている傾向がみられた。インターネットで調べたり探したりしない、という人は1%と少なく、大半の人が調べ物をするときにインターネットを活用していることがわかった。

スマホ検索時「知りたい情報を見つけやすい」が1位

ここからはスマホでの調べものについて詳しく見ていく。ふだん、スマホで何か調べものをするときに、どのようなことが特に重視されているのかみてみると、全体では「知りたい情報を見つけやすいこと」がもっとも高くなり、次いで「使い慣れている/いつも使っているものであること」となった。

10代、20代では他の年代に比べて「正確な情報が得られること」、「信頼できる情報が得られること」が高くなっており、10代では2位に入っている。また、40代以降では下の年代に比べ「使い慣れている/いつも使っているものであること」がやや高く、慣れ親しんだ方法で、スムーズに調べられることを重視していることがうかがえる。

スマホ検索時に利用するサービスは、男女や年代で差が顕著

スマホで調べものをするとき、さまざまなサービスがあるが、何を使って調べることが多いのだろうか。まず、「検索エンジン」「SNS検索」そして「動画アプリ/サイト」に分類してみてみると、Google、Yahoo! JAPANなどの「検索エンジン」を使う割合は9割以上、TwitterやInstagramなどの「SNS」は6割弱、YouTubeやTikTokなどの「動画アプリ/サイト」は5割弱となった。

検索エンジンが9割以上という結果になったが、具体的にどの年代がどのサービスを利用しているのかをみてみると、すべての性別・年代で「Google」が1位となっていた。

2位以降では年代ごとに特徴がみられた。10~20代では、2位以降はSNSや動画サービスとなっており、「YouTube」「Twitter」「Instagram」が並んだ。10代では男女ともに「YouTube」が高く、7割以上となっていた。

20代男性は「YouTube」「Twitter」が6割弱、女性は「Instagram」と「Twitter」のSNSのサービスが並ぶ結果となっている。20代女性は上位3つのサービスともに7~8割前後となっており、調べたいことに合わせてそれぞれのサービスを利用している様子もうかがえる。

40代以降は男女ともに2位に「Yahoo! JAPAN」が入っている。Yahoo! ニュースなどの利用や検索のトップページでまとまっているコンテンツなどから調べていることも考えられるとしている。

調べものをするとき、どんな探し方をしている?

検索エンジンやSNS検索において、実際に調べたいことを探すときにどのように行動しているのだろうか。検索エンジンの場合、キーワード検索が主流で、特に「複数のキーワードを入れて、検索する」がもっとも高くなっている。自分が探したい情報が検索結果にでてくるように細かい条件で検索をするという探し方をしている人が多いようだ。

5位に「ニュース画面(タブ/メニュー)をみる」とタブを切り替えての検索も2割弱ほどみられた。グラフにはないが、10代、20代では「画像の画面(タブ/メニュー)をみる」が2~3割となっており、若い年代では画像で探すという検索方法も比較的取り入れられているようだ。

SNSでの検索の場合も、キーワードを入れての検索が上位となっているが、「複数キーワードを入れて、検索する」、という割合は検索エンジンよりも低くなっていた。SNS検索ならではだが、4位に「ハッシュタグ(#)で検索する」が入った。

また、グラフにはないが、10代では「自分がフォローしている人の投稿の中から探す」、10代、20代で、「おすすめ/トレンドの画面を見る」が2割強となり、トレンドとなっている情報から調べたいことを探すという行動も考えられそうだ。

「検索エンジン・Twitter・Instagram」どんな理由で使っている?

次に、利用理由についてだ。ここでは、ふだんのスマホでの調べもので「検索エンジン」「Twitter」「Instagram」をそれぞれ1番利用している人をベースに「利用している理由」や「検索するジャンル」などをみている。

GoogleやYahoo! JAPANなどの「検索エンジン」を1番利用している人が、そのサービスを利用している理由としては、「使い慣れている/いつも使っているものだから」がもっとも高く約56%となった。次いで、「知りたい情報を見つけやすいから」「検索結果が見やすいから」が続く。

「Twitter」を1番よく利用する人が利用している理由をみてみると、「最新/リアルタイムな情報が得られるから」が5割弱で1位、3位に「他の人の反応や感想がわかる/参考になるから」が入った。

「Instagram」を1番よく利用する人は、「ハッシュタグからいろいろ探せる/調べられるから」が4割強で1位となり、2位が「画像/動画で見やすいから」と続いた。

続いて、ふだんスマホでの調べもので「検索エンジン」「Twitter」「Instagram」のサービスを使っている人が、どのようなジャンルを調べているのかみてみると、それぞれのサービスの特徴がよく現れる結果となった。

「検索エンジン」では、他の検索手段と比較すると「わからないことば/人」が高くなっていた。趣味や天気、ニュースなどのジャンルもよく調べられるジャンルとしてあげられた。また、「天気/災害、交通機関の情報」「解決したいこと/悩みごと」や「仕事/勉強に関すること」について、TwitterやInstagramと比較して高い傾向となった。

「Twitter」で調べものをする人は、「趣味に関すること」「エンタメ情報」や「最新のニュース」「好きな人や気になる有名人/芸能人」などを比較的よく検索している様子だ。「Instagram」で調べものをする人は、「趣味に関すること」が検索エンジン、Twitterと同様に高い割合となった。検索エンジンやTwitterの傾向と異なるジャンルとしては、「グルメ」「ファッション」「美容/コスメ」「髪型/ヘアスタイル」などが高くなっている。「気になる人/フォローしたい人のアカウント」は、Twitter、Instagramともに割合は比較的高く、SNS検索ならではのジャンルとも言えそうだ。

最新検索ワード

このように、スマートフォンからの各種ネットサービスの利用が顕著になるとともに、年代や性別によって、好みのサービスに違いが見られた。ECにおけるマーケティングやプロモーション施策を展開する上でも参考にできそうだ。

最後に、同社では7月2日(金)から3日間ほど行った調査時点で、それぞれ最近検索したワードを自由記述で聞いている。その一部だ。

<検索エンジンで検索したキーワード>
・今日 天気(東京都 女性 21歳)
・コロナワクチン 2回目 いつ?(福岡県 女性 63歳)
・とうもろこしご飯 芯を入れるわけ(東京都 女性 48歳)
・線上降水帯(埼玉県 男性 65歳)
・猫カフェ マナー(新潟県 男性 32歳)
・関西 グルメ ブログ(兵庫県 男性 54歳)

<Twitterで検索したキーワード>
・コロナ 神奈川(神奈川県 女性 19歳)
・ドラゴン桜(京都府 女性 27歳)
・スタバ ご当地(山梨県 女性 19歳)
・電車 遅延(奈良県 男性 35歳)
・桐生ココ 卒業ライブ(福島県 男性 22歳)

<Instagramで検索したキーワード>
・おしゃれカフェ(愛知県 男性 24歳)
・ショートヘアアレンジ(北海道 女性 38歳)
・ハンドメイドアクセサリー(大分県 女性 33歳)
・ブルベ夏(神奈川県 女性 26歳)
・BTS (兵庫県 男性 16歳)

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事