Shopify&LINE連携アプリ『ソーシャルPLUS』がShopifyアプリ『定期購買』と連携開始

ECのミカタ編集部

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下『フィードフォース』)が提供するShopifyとLINEのCRM活用アプリ「ソーシャルPLUS」は、Shopifyアプリ「定期購買」(株式会社ハックルベリー、所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:安藤 祐輔)と連携を開始した。

LINE活用で「定期購買EC」の売上アップをサポート

フィードフォース社が提供するShopify(ショッピファイ)とLINEのCRM活用アプリ「ソーシャルPLUS」は、定期購買APIに対応した日本初のShopifyアプリ「定期購買」(ハックルベリー社)と連携を開始した。

今回の連携により、「ソーシャルPLUS」アプリにて初回購入完了画面等で顧客のShopify IDとLINEのユーザーIDを連携し、「定期購買」アプリにて顧客の購買状態や会員ランク等の情報を連携する方法で、特定の顧客グループへ向けたLINEメッセージ配信を実現できるようになった。

◆<活用する情報例>と、それに合わせたLINEメッセージの配信例

<何回目の購買か>
→ 初回購入者に限定クーポンを配信

<スキップ状況>
→ スキップが2回続いた人にフォローアップメッセージを配信

<会員ランク>
→ 会員ランクごとの特別キャンペーン情報を配信

また、この他にもShopifyアプリ「ソーシャルPLUS」では、エンドユーザーにとって身近なLINEを通じて、定期購買を取り巻く顧客体験をより便利にする機能が多数搭載されている。

各アプリの概要

◆Shopifyアプリ「定期購買」について

直感的でシンプルな設定画面、定期購買初心者にもやさしい「おまかせ設定」を依頼できるカスタマーサポート体制、カスタム開発、機能要望をスピーディーに実現する開発体制などが特徴だ。また広告等の成果計測も可能となっている(計測タグの設置には別途アプリや、Liquidファイルの編集が必要)。

◆Shopifyアプリ「ソーシャルPLUS」について

ほぼ全ての機能が無料プランから利用可能(※条件あり)、メッセージ配信だけでなく、配信基盤となる友だち数・ID連携数の増加に貢献する機能も充実。エンタープライズ企業を中心に200社以上のLINE公式アカウント支援実績がある。またLINE株式会社の開発・販売パートナーに認定されており、代理店限定機能の導入サポートも可能だ

さらなる機能追加や連携を進める

公表に際して同社では次のように述べている。

「定期購入いただく商品こそ、商品に関する情報をエンドユーザーにとって受け取りやすい方法でお届けすることや、利用中のちょっとしたストレスを排除することが大切だと、私たちは考えています。今後も企業とエンドユーザー双方にとって良い形で、ShopifyとLINEの連携活用を手軽に実現できるよう、機能追加や他Shopifyアプリとの連携活用推進を行ってまいります」

ECにおいても定期購入は、安定した収益の確保と顧客とのロイヤリティ醸成の上からも有効な販売モデルだ。その定期購入スキームをShopifyとLINEを組み合わせた形でサポートする今回の連携は、ユーザーの利便性向上を通して、多くのEC事業者のビジネスを後押しすることになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事