台湾消費者の日本への高い関心が明らかに「越境ECで日本製品を買いたい」が5割【BEENOS Travel株式会社調べ】

ECのミカタ編集部

BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社で、日本の魅力を世界に拡げ、インバウンド市場成長の加速を支援するBEENOS Travel(ビーノス トラベル株式会社)は、同社が運営する台湾最大級の訪日旅行メディアサイト「旅行酒吧(トラベルバー)」の台湾在住ユーザー2,348名に訪日意向に関するアンケートを実施した。ここではその概要についてポイントを絞って見ていく。

調査概要

旅行酒吧(トラベルバー)は、台湾最大級の訪日旅行メディアサイトとして、台湾、香港、マカオなどのユーザーに支持されている。サイト内では、日本旅行の情報収集や旅行計画づくりができ、訪日への意欲が高いユーザーが登録している。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大が訪日客数にも影響している中、BEENOS Travelは、国内事業者に向けたインバウンド情報提供の一環として、「今後の訪日意向について」の調査をトラベルバーのユーザーに向けて実施した。

調査方法 :インターネットによるアンケート調査
調査期間 : 2021年7月1日~2021年7月15日
調査対象 :台湾在住のトラベルバー会員2,348人が回答

滞在期間7~13日が最多

これまでの訪日回数について「6回~9回」「10回~19回」という回答が最も多く、リピーターが多いことがうかがえる。滞在期間は7~13日が最も多く、長期滞在する人が多かった。リピーター客を増員するべく訪日客需要に応えた施策が求められると分析している。

「制限解除後すぐ訪日したい」が6割

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、訪日旅行への準備にも変化が見られているようだ。訪日への準備についての質問では、「入国制限が解除されてないかチェック」と回答した人は全体の56%を占めた。

また、訪日旅行に際し、訪日旅行は安全と判断した後、いつ日本に旅行したいか、という問いに対しては「台湾、日本の入国制限が解除されたらすぐ」との回答が63%と、訪日意欲の高さがうかがえる結果となった。

「越境ECで日本製品を買いたい」が5割

新型コロナウイルスの影響により訪日できない中、越境ECにも注目が集まっており、日本の特産品を越境ECで購入したいかの問いには5割が購入したいと回答し、関心の高さがうかがえる。

中でも菓子類の人気が高く、61%が「菓子類」を買いたいと回答した。次いで「茶、ジュース類の飲料類」が33%、「酒類」が31%となった。酒類の中でも「日本酒」の人気が高く、回答の57%を占めた。訪日が解禁になった際にはこれらの情報を有効活用しインバウンド需要に対応していく必要があると分析している。

北海道・東京・京都などが人気エリア

都道府県各エリアで訪問したい都道府県の調査では、「北海道・東北エリア」で、70%を超えるユーザーが「北海道」と「青森」に訪問したいと答えており、次いで「秋田」や「山形」が人気を集めている。

「北陸エリア」では「新潟」が69%、「富山」が62%と注目度が高いという結果に。「中部エリア」では「静岡」が74%と人気が高く、次いで「愛知」と「岐阜」が49%という結果になり、地方部へのインバウンドの取り込みに期待が持てる結果となった。「関東エリア」では「東京」が71%、「神奈川」、「長野」が46%となり「東京」への人気が集中している。

「関西エリア」は80%と圧倒的な人気を集めたのは「京都」で、「山陰山陽エリア」では、「岡山」「広島」「鳥取」それぞれが約60%獲得という結果に。「四国エリア」は「愛媛」と「高知」が同時に62%と支持されており、「九州エリア」では熊本が71%という結果になった。

日本への関心が高い台湾消費者

調査結果にあるように、63%が「自国および、日本の入国制限が解除されたらすぐに訪日旅行をしたい」と回答し、トラベルバーの会員はAfterコロナ時の訪日意欲が高いことがわかった。

トラベルバー会員回答者全体の3割以上が、「既に次回訪日時の目的地決定や旅行プランを作成中」と回答し、高まる越境EC需要の中でも、オンラインで購入したい商品の約6割が「菓子類」という結果になった。

次いで飲料や酒類がランクインしたが、中でも日本酒を求める声が57%と人気だった。都道府県各エリアで訪問したい都道府県からは都心だけでなく、地方への需要があり、制限解除後のインバウンド需要の復活に期待が持てる結果となった。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事