STAFF STARTがオンライン接客のグローバル展開へ 初導入は台湾カシオ

ECのミカタ編集部

株式会社バニッシュ・スタンダード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小野里 寧晃、以下バニッシュ・スタンダード)は、9月14日より、海外対応を開始した。

繁体字から開始し、最大43言語対応へ

スタッフDXのアプリケーションサービス「STAFF START(スタッフスタート)」を運営する“Staff Tech(スタッフテック)“カンパニー、バニッシュ・スタンダードは、海外対応を開始した。海外対応第1弾として、カシオ計算機の台湾の現地店舗スタッフおよび、台湾ECサイトへのサービス提供を開始している。同社は、この取り組みを通じ、カシオ計算機の台湾でのDX推進を支援するとしている。

今回のカシオとのと取り組みでは、店舗スタッフが利用する「STAFF START」の管理画面およびECサイト上のコンテンツは繁体字で表示されるが、今後は海外対応を強化し、最大43言語でのサービス提供を行っていく予定とのことだ。

台湾のカシオ実店舗&ECに「STAFF START」を導入

「STAFF START」は、店舗に所属するスタッフをDX化し、自社ECサイトやSNS上でのオンライン接客を可能にするStaff Techサービスだ。現在、利用ブランド数はアパレルや化粧品ブランドを中心に1,600を超え、2020年7月から2021年6月の間に「STAFF START」で作成されたコンテンツを経由した流通総額は、1,200億円を達成した。

先述のように「STAFF START」は、海外対応を開始しカシオ計算機の台湾ECサイトおよび、台湾の現地店舗スタッフ向けに「STAFF START」のサービス提供を行っている。これは、「STAFF START」が海外の店舗および、ECサイトに導入される初の事例とのことだ。

「STAFF START」導入により、台湾の“G-SHOCK STORE ”の店舗スタッフによるオンライン接客も実現。台湾での取り組みに先行し、2021年7月には、カシオ計算機が日本で運営するECサイトにおいても「STAFF START」を提供している。

熱度を増す台湾EC市場に斬りこむ

カシオ計算機 デジタル統轄部長 石附洋徳氏コメント

「『STAFF START』は、店舗スタッフによるオンラインでの接客を実現できる優れた仕組みであり、先に導入した日本では既にオンラインストアでの購入拡大の成果が生まれ、店舗スタッフも積極的に取り組んでおります。今回、カシオがグローバルでDXを推進している中で、バニッシュ・スタンダード様のご協力のもと、台湾でも『STAFF START』を開始することになりました。世界中のG-SHOCKファンに喜んで頂く体験の提供を、台湾を皮切りに始めて参ります」

バニッシュ・スタンダード代表取締役 小野里氏コメント

「『STAFF START』は、サービスを開始してから5年、店舗スタッフを基軸としたDXを進めてまいりました。今では1,200億円を超える流通総額にまで成長しています。海外対応は長い間構想していたものです。今回、そのスタートをカシオ様と台湾で切れることを大変嬉しく思っております。これからも世界中のスタッフに利用され、より広く愛されるサービスになることで、実店舗や都市など世界中の“リアル”を幸せにしていきたいと思います」

台湾では、人口に対するEC利用者の割合は、80.5%と非常に高く(日本のEC利用者率は63.6%)、今後もオンラインの販売強化がより一層重要になっていくと予想されている。

また台湾では、周辺国と比べてライブ接客やSNSによるマーケティングも浸透しており、SNSとECサイトを連携、連動させることで購買につなげる手法が活用されている。「STAFF START」を通じて店舗スタッフの知識や商品レビューをコンテンツ化し、ECサイトを充実させることで、さらなる販売促進につながることに期待したい。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事