【JTB×BEENOS Travel×BeeCruise】日本の魅力をオンラインで世界に発信

ECのミカタ編集部

BeeCruise株式会社(以下「BeeCruise」)とBEENOS Travel株式会社(以下「BEENOS Travel」)は、株式会社 JTB(本社:東京都品川区 、代表取締役社長 執行役員:山北 栄二郎 、以下「JTB」)と業務提携を開始した。

越境EC支援やインバウンドプロモなどを提供

BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社で、越境ECおよびジャパニーズコンテンツの海外進出をサポートするBeeCruiseと日本の魅力を世界に拡げインバウンド市場成長の加速を支援するBEENOS Travelは、JTBと業務提携を開始した。

この提携に基づき、JTBがBeeCruiseおよびBEENOS Travelの販売代理店として、越境EC支援およびそのコンサルティング、インバウンド向けプロモーションのためのオンラインツアーの企画実施などを自治体や企業に販売するという。

日本の魅力をオンラインで世界に発信

業務提携契約締結についてBEENOS Travelは、次のように述べている。

「JTBは日本全国各地域に対して、様々な人流、物流、商流を生み出し、顧客企業の様々な課題解決と価値向上につながるソリューションを提供する営業活動を行っております。デジタル基盤の上にヒューマンならではの力を最大限生かして、人の夢と笑顔をつなぐ、新しい交流時代を切り拓く企業になることをめざしています。

BeeCruiseは、日本のコンテンツや商品、エンタメを世界に拡げるため、日本企業や自治体をサポートしています。海外進出のベストパートナーを目指し、進出戦略設計や販売チャネル構築、海外プラットフォームを活用したテストマーケティング、デジタル広告、インフルエンサーマーケティング、PRまで一気通貫で支援しています。

また、BEENOS Travelは台湾/香港最大級の訪日旅行メディアサイト『旅行酒吧(トラベルバー)』の運営をしており、現在は、訪日ができなくても、将来訪日が可能になった際に多くの方に訪れていただくよう、オンラインツアーや旅行モデルプラン作成など認知拡大から訪問に繋がるプロモーション施策を実施しています。また、パートナー会社と協力し自治体の魅力ある文化の欧米豪へのプロモーション、さらに中国へのプロモーション企画など、海外のメディア運営で培ったノウハウをいかし、今後訪日が期待される国々の方に向けて日本の魅力を発信していきます。

今回の業務提携により、BEENOSグループが展開する越境ECをサポートする代理購入サービス『Buyee(バイイー)』『Buyee Connect(バイイーコネクト)』、東南アジア最大級のECモール『Shopee』や東南アジア地域最大級のECプラットフォーム『Lazada』と連携し、越境EC支援およびそのコンサルティング、インバウンド向けプロモーションのためのオンラインツアーの企画実施などを、JTBが自治体や企業に販売します。3社が持つノウハウを掛け合わせることにより、コロナ禍であっても地方自治体や日本企業の魅力をオンラインで世界に発信し、地方創生や日本企業の発展に貢献できるように努めます」

コロナ禍のピンチをチャンスに

越境ECで12年以上のノウハウを持つBEENOSグループが得意とする一気通貫したグローバルマーケティング領域に、JTBの強みである地方自治体や日本企業とのネットワークと旅行会社としての高い提案力が掛け合わされた。

「越境EC×旅行」で地方自治体・日本企業の海外進出を支援し、コロナ禍でインバウンド需要が見込めない今、地方自治体や企業に対して、越境ECや海外販売支援サービス、ツアーなどのサービスを提案し、日本の魅力がオンラインで世界に発信されることになる。

今後もBeeCruiseおよびBEENOS Travelは、「日本の商品やサービスに対する世界中のニーズ」を発掘・分析するとともに、日本と世界をつなげるグローバルEコマースの第一人者として世界に誇るジャパニーズコンテンツ・エンタメの魅力を発信し、「日本の事業者の海外進出への挑戦」をサポートするとしており、これからの展開に視線が集まることになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事