オープンロジ、STORESショップ向け『倉庫サービス』をリニューアル 利用しやすい料金体系を実現

ECのミカタ編集部

株式会社オープンロジ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 CEO:伊藤秀嗣、以下オープンロジ)は、STORESを運営するヘイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤裕介、以下ヘイ)と戦略的パートナーシップを強化し、STORESストアオーナー向けに商品保管・配送代行を行う「倉庫サービス」をリニューアルすることを公表した。

リニューアル概要

一般的に物流を外部委託する場合、利用開始する前に販売計画や商品特徴などを連携して見積もりを取る必要がある。利用開始後も外部委託先が物流を管理するシステムを構築していなかったり、ネットショップと連携ができない場合は物流管理を独立させて管理する必要があり、入出庫依頼もメールや電話、ファックスなどのアナログな手段でやりとりする必要が出てくる。

一方で、STORESの「倉庫サービス」は初期費用0円、固定費0円で荷物1個から利用できる従量課金型で、料金表がオープンになっているため事前に見積もりを取る必要はない。STORES の管理画面上でアカウントを作成して商品を指定の倉庫へ発送するだけで利用開始できる。その後、STORES の管理画面上で商品の出庫依頼をすればお客様への配送手配は完了だ。

また急に在庫や注文数が増えてもオープンロジが保有する倉庫ネットワークを使い、荷量や規模拡大に合わせた対応が可能なので事業の成長のたびに新たな手続きをしたり、契約をする必要もない。

さらに今回、オープンロジとヘイが戦略的パートナーシップを強化することで「売れる前の倉庫への支払いをなるべく減らして、販売できたタイミングで支払う仕組み」を構築でき、初めての事業者にとって始めやすい料金体系を実現できたとしている。

STORES利用者が「倉庫サービス」を利用するメリット

同社がまとめるSTORES利用者が「倉庫サービス」を利用するメリットは次の通りだ。

・STORESの管理画面1つで入庫・保管・発送指示まで行うことが可能

・使った分だけ費用が発生する従量課金。初期費用や固定費は0円

・ネットショップと「倉庫サービス」とのシステム連携や「倉庫サービス」のシステム利用料金は0円

・倉庫の相談も STORES が窓口だから相談しやすい

・オープンロジの倉庫ネットワークには高度管理医療機器販売許可証や化粧品製造業許可を取得している倉庫があるのでコンタクトレンズの取り扱いや化粧品の包装、日本語表示ラベルの貼付対応も可能

・福袋のような複数の商品のセット組みにも対応可能

・オープンロジの倉庫ネットワークにより、数件/月からはじめて、徐々に規模が大きくなり数百件~数万件/月に
なっても対応可能

利用しやすい料金体系を実現

株式会社オープンロジは、「テクノロジーを使い、サイロ化された物流をネットワーク化し、データを起点にモノの流れを革新する」をビジョンに掲げ、物流フルフィルメントプラットフォーム「オープンロジ」を提供してきた。

独自の倉庫管理システムを通じて提携倉庫をネットワーク化し、標準化した仕様とオペレーションにより物流業務の効率化と一元化を実現し、固定費ゼロ・従量課金で利用可能な物流フルフィルメントサービスを展開中だ。 

そのオープンロジは、ネットショップ開設サービスSTORES(ストアーズ)を運営するヘイ株式会社と2018年5月に業務提携し、現在まで多くのSTORES利用者に商品保管・配送代行を行う「倉庫サービス」を提供してきた。

STORES 利用者は、STORES 管理画面上で「倉庫サービス」の利用を開始することができ、ネットショップの立ち上げや運営だけでなく、商品保管や配送代行までを一元管理するDXを支援している。

2021年10月に、オープンロジとヘイが戦略的パートナーシップを強化することで「売れる前の倉庫への支払いをなるべく減らして、販売できたタイミングで支払う仕組み」を構築でき、初めての事業者にとって始めやすい料金体系を実現できたとしており、リニューアルによってEC事業者支援がさらに加速することになりそうだ。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事