【CROSS MALL×LogiMoPro】自動連携開始 業務削減と受注から出荷までの自動化を実現

ECのミカタ編集部

株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本 哲夫、証券コード:3854)が「CROSS MALL」は、株式会社清長(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:武田 紀世彦)の提供する「LogiMoPro」との自動連携を開始した。

CROSS MALL × LogiMoPro

株式会社アイルが提供する複数ネットショップ一元管理クラウドサービス「CROSS MALL(クロスモール)」は、株式会社清長の提供するクラウド物流アウトソーシングサービス「LogiMoPro(ロジモプロ)」との自動連携を開始した。

「LogiMoPro」は、中小規模のEC事業者さまを対象としたクラウド物流アウトソーシングサービスだ。「LogiMoPro」に委託した物流業務はクラウド上で管理でき、在庫管理から発送までWeb上で完結可能なため、ネットショップ運営の効率化が図れる。またサービス料金はシンプルでリーズナブルな設定のため、コストを最小限に抑えて運用可能だ。

またCROSS MALLは、複数ネットショップの商品・在庫・受注・発注・仕入の一元管理が可能なクラウドサービスだ。使いやすさを追求し、サポートにも力を入れている。ツールの提供に留まらず、ネットショップのバックヤード担当者向けに有益なコンテンツも提供している。

自動連携の概要

これまでの「LogiMoPro」と「CROSS MALL」間の連携では、連携に必要なデータ(CSVファイル)を手動でダウンロード・アップロードする必要があり、連携のたびに双方のシステムを操作しなければならなかった。今回の連携により、各種データの連携が自動となり、両サービスを利用しているEC事業者の業務削減に寄与する。

「CROSS MALL」の自動処理で生成された受注データと商品データを自動で「LogiMoPro」に渡すことができ、「LogiMoPro」の出荷データと在庫データを「CROSS MALL」が自動で受け取ることで、受注から出荷までの自動連携が可能となった。

EC事業者支援を加速化

公表に際してアイルでは次のように述べている。

「新型コロナウイルス感染症拡大を背景に、新たにECに出店する企業が増加し、『CROSS MALL』でもECを始めたばかりの小規模EC企業への導入が加速しています。小規模EC企業向けの物流サービスである『LogiMoPro』との連携により、EC事業を始めたばかり、またはこれから始めようとする企業へのさらなる支援を行ってまいります」

業務削減に寄与し、受注から出荷までの自動連携が可能となった今回の施策。これからのさらなるEC事業者支援にも期待したい。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事