EC顧客体験向上ツール『LEEEP』がShopifyとBASEで導入可能に 注文率や滞在時間向上に寄与

ECのミカタ編集部

株式会社REGALI(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲田光一郎)は、「LEEEP(リープ)」の機能が、ShopifyとBASEでも導入可能になったことを公表した。

EC顧客体験向上ツール「LEEEP」

株式会社REGALIは、UGCや動画を活用してECサイトの顧客体験向上を実現する「LEEEP(リープ)」の機能が、BASEとECカートシステムとして世界175ヵ国で開設数が170万ショップにのぼるShopifyでも導入できるようになったことを公表した。

LEEEPは、UGC(ユーザー生成コンテンツ)や動画などのコンテンツをより手軽にECサイトに掲載できる、ECサイトの顧客体験向上ツールだ。ECサイトにコンテンツを充実させることで、商品への信頼感や納得感が向上し、購入の後押しにつなげることが可能だ。

LEEEPの特徴

同社がまとめるLEEEPの特徴の特徴は次の通りだ。

◆インスタグラムから投稿を収集・掲載

指定したハッシュタグがついた投稿を自動で収集し、その中から掲載したいUGCを選択して、ECサイト上に表示させることができる。UGCを掲載することで、注文率や滞在時間の大幅アップを実現する。

◆高画質でスムーズな動画掲載

ライブ動画や商品動画など、タグ一つでECサイト内へ手軽に掲載可能だ。ECサイトに負荷をかけることなく、手軽に動画コマースを実現する。

◆UGC経由の売上分析

UGC別の効果比較や、UGCが売上にどのような影響を与えているのか、管理画面より確認可能だ。また、UGC接触ユーザーと非接触ユーザーでの効果の違いもレポートで確認できるため、ECサイトの各種数値の改善にも寄与する。

◆質の高いUGCの確保

同社独自の基準をクリアした女性インフルエンサー1,200名がパートナーインフルエンサーとして協力しており、累計1,700万人のフォロワーに支持される高品質なUGCを商品PRに活用できる。

注文率や滞在時間の向上に寄与

このようにLEEEPを利用してUGCや動画のコンテンツをShopifyやBASEのECサイトへより手軽に掲載できるようになることで、両サイト上でも注文率や滞在時間の大幅な向上が見込め、ECサイト全体の顧客体験向上を実現することが可能となるのだ。

顧客体験向上と関連して、ユーザー生成コンテンツは、顧客とのロイヤリティ醸成や商品やブランド情報の拡散の面からも近年、特に注目されている。有力なECプラットフォーム上で、より手軽にそうした施策が実現できることになり、多くのEC事業者のビジネスを後押しすることになりそうだ。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事