店舗・ECの延長保証protegerがスマレジと連携 新規顧客のリピーター化を支援

ECのミカタ編集部

株式会社Kiva(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:野尻 航太)は、株式会社スマレジ(本社:大阪市中央区、代表取締役:山本博士)が提供する「スマレジ」とのシステム連携を開始した。

売上向上に寄与

店舗・ECのための延長保証 「proteger(プロテジャー)」を提供する株式会社Kiva(以下「プロテジャー」または「同社」)は、株式会社スマレジが提供するクラウドPOS「スマレジ」とのシステム連携を開始した。

同社はこれにより、「スマレジ」を利用中の事業者において、延長保証を手軽に導入できるようになり、保証料による売上向上に寄与するとしている。また延長保証があることから顧客に安心感を与え、CVR向上やアフターサービスの満足度向上が見込めるとのことだ。

平均1.4倍CVR向上

プロテジャーは、店舗ECのための延長保証だ。店舗・ECサイトに最短即日で延長保証を導入することができる。下記のように、売上高の向上や、延長保証を導入したことによって新規購入の障壁を和らげ平均1.4倍CVR向上などの導入メリットがあるとしている。

◆導入メリット

▷延長保証によって顧客の新規購入の障壁を和らげ店舗・ECサイトの購入促進

▷延長保証を販売によりアップセルが可能

▷交換・修理に関する顧客対応はプロテジャーが代行

▷交換修理に発生する債務リスクはプロテジャーが負担

▷電子保証書のため、24時間対応のチャットボットより保証申請が可能

新規顧客をリピーター化

公表に際して同社では、次のように述べている。

「年々新規顧客の獲得単価は上昇し続けています。これからは一度獲得した顧客をリピーターへどれだけ転換させられるかというのがどの企業にとっても共通の課題です。protegerは延長保証によりそうした課題を解決するソリューションであり、今回の連携により、『スマレジ』をご利用の店舗様へprotegerを提供できるようになります。具体的には、顧客単価の向上、アフターサービスの満足度向上などの効果が期待できます。初期導入自体のハードルも下がり、簡単に導入いただくことが可能です」

今回、店舗・ECのための延長保証 「proteger」とクラウドPOS「スマレジ」がシステム連携を開始した。スマレジ利用者は、延長保証を手軽に導入できるようになり、保証料による売上向上を後押しする。また延長保証によって顧客に安心感を与え、CVR向上やアフターサービスの満足度向上につながることになりそうだ。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事