【文具のサブスク】1周年を記念して届け箱をリニューアル

ECのミカタ編集部

NEXT switch株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:寺西廣記)は、「文具のサブスク」提供1周年を記念して新しい箱のデザインにてサービスの拡充を行うことを公表した。

ロゴも新たに作成

NEXT switchは、文具が毎月届く「文具のサブスク」を2021年4月より提供しており、1周年となる2022年4月の発送分から新しい届け箱のデザインにてサービスの拡充を図ることを公表した。

また、今回これまでなかった「文具のサブスク」のロゴを作成した。家庭を中心に届ける同サービスによる文具が、普段の生活をより楽しいものにすることをイメージした楽しいデザインとなっているとしている。

文具のサブスク概要

[価格]
3,500円(送料、消費税込)

[内容]
届けられる月により商品数が変わるが、毎月7種類前後の文具が定価より2~3割程度、割安になるようにセレクトした文具が入れられる。

[配送時期]
前月末までの新規、継続申し込み分を翌月第1または第2金曜日に発送

タブを引っ張るだけで開封できる

新パッケージは、開封の際もハサミやカッターナイフなどの刃物を使わず、タブの部分を引っ張るだけで開封できるデザインに変更したため、中身の文具を傷つける心配のない設計となっているという。

ECの発展にともない、さまざまなサブスクサービスが登場している。同社もサービス提供1年を迎え、サービスの拡充をすることで、顧客とのロイヤリティをさらに強め、また新たな顧客へも訴求力を高めることになりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事