【調査結果】父の日に毎年プレゼントをあげているのは4割超、人気のプレゼントはパジャマやお酒など

ECのミカタ編集部

白髪用ヘアケア商品を展開するスリーエム株式会社は、20代〜50代以上の男女100人に「父の日のプレゼント」をテーマにアンケート調査を実施し、その結果を公表した。

4割超が父の日のプレゼントを「毎年あげている」

父の日にプレゼントをあげているか聞いたところ、男女ともに「毎年あげている」と答えた人が最も多かった。

男女別にみると、女性は「毎年あげている」と答えた人が多く、父の日を大事に思っている印象がある。男性も「毎年あげている」と答えた人が一番多かったものの、「あげていない」と答えた人と大きな差はなかった。

また、一定数の人が「年によってあげたりあげなかったり」と回答。社会人になったり家庭を持ったりすると、実家に帰るタイミングが少なくなるため、「手渡しで渡したい」「タイミングが会えば渡そう」と思っている人もいるようだ。

人気のプレゼントはパジャマやお酒など

続いて、どのようなプレゼントを渡しているのが自由回答で聞いた。回答として多く挙がったものを抜粋して紹介する。

<人気のプレゼント>
・パジャマや靴下などの衣服類
・お酒とつまみのセット
・タブレット
・ゴルフグッズ
・何かものをあげるよりも、食事に誘う

パジャマなどの日常的に使えるものが人気のようで、「お酒が好きな父親にはお酒とつまみのセットが喜ばれる」という声もあった。また、近年のコロナ禍でなかなか会えない日が続くため、タブレットといったビデオ通話ができるアイテムのプレゼントも増えているようだ。

父の日にまつわるエピソード

また、父の日にまつわる印象深いエピソードを聞いたところ、以下のような回答が寄せられた。

・3年前に送ったパジャマをいまだに着てくれていて嬉しかった。
・普段ファッションに無頓着で興味が無い父にポロシャツをプレゼントしたことがあります。いつもは安い洋服を買って一度着たらもう着ないので「安物買いの銭失い」といつも母に言われていました。しかしそのポロシャツに限っては大事そうに外出の際は着用してくれているそうです。
・4年前に70代後半の父にタブレットをプレゼントしました。タブレットにLINEアプリを入れて子供や孫達とラインができるようになりました。その後、コロナ禍になり帰省ができなくなりましたがLINE電話や動画などを送りあえたので寂しさを紛らわせることができました。
・幼稚園の頃、父の日に作ったペンケースを今でも父は書斎で使ってくれています。

母の日に比べ、やや存在感の薄い父の日だが、普段なかなか言葉に出して伝えにくい感謝の気持ちを伝える日として、父の日を大切にしている人も少なくないようだ。一昔前に比べて、今はプレゼントの形も多様になってきているため、きっと自分に合った感謝の伝え方ができるだろう。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事