カラーミーショップ、プロカメラマンによる商品写真「撮影代行サービス」の提供を開始

ECのミカタ編集部

GMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)が運営する「カラーミーショップ byGMOペパボ」は、ネットショップの「制作代行」メニューの一つとして、『ネットショップの商品撮影代行サービス』を開始した。

プロカメラマンが商品写真の撮影を代行

GMOインターネットグループのGMOペパボのネットショップ作成サービス「カラーミーショップ byGMOペパボ」は、ネットショップの「制作代行」メニューの一つとして、『ネットショップの商品撮影代行サービス』を2022年5月13日(金)より提供を開始した。

同サービスでは、「カラーミーショップ byGMOペパボ」のユーザー、もしくはこれから「カラーミーショップ byGMOペパボ」でネットショップをオープンする予定の事業者向けに、プロのカメラマンが商品写真の撮影を代行する。

同社はこれにより、「カラーミーショップ byGMOペパボ」を利用中のネットショップユーザーは、プロが撮影したクオリティの高い写真をネットショップやSNSなどのPRに活用することで、これまで以上にネットショップや商品の魅力を購入者に伝えやすくなるとしている。

利用の流れ

*撮影時間を延長する場合、30分毎に5,500円(税込)がかかる。
*交通費が2,000円を超える場所での撮影の場合、別途差額分の交通費がかかる。
*発注後、顧客都合により撮影が実施されなかった場合、キャンセル・日程変更料が発生する。
*その他、詳細条件等は、公式サイトを要参照。

▷1.詳細ページに記載されているフォームより、希望のメニューを選択して申し込み。

▷2.担当者が電話にて要望をヒアリングし、その情報をもとにプランを提案。

▷3.プラン確定後、発注と支払い。

▷4.撮影日程を決定し、カメラマンが指定の場所に伺い、商品の撮影。

▷5.撮影後、3~4営業日で商品画像が納品される。

全国どこでも出張撮影

公表に際して同社では次のように述べている。

「実際に商品を手に取ることができないネットショップでの買い物において、購入者が商品を選択する上で、商品や使用イメージなどの画像(写真)から得られる情報が重要となります。そのためネットショップ運営者は、ショップや商品の魅力が伝わる写真を用意し、ネットショップのトップページや商品ページの充実を図ることはもちろん、認知拡大や売上増加のためSNSやブログなどでのマーケティングを行う必要があります。しかし、商品写真のクオリティを求める上では、撮影技術に加え、背景処理など画像加工に関する技術や知識が必要なため、専門の担当者や写真の技術に詳しい担当者がいないショップでは、写真を通じてショップや商品の魅力を伝えきれていないケースもあります。

『カラーミーショップ byGMOペパボ』は、“低価格・高機能”をコンセプトに、個人から企業まで幅広くご利用いただいているネットショップ作成サービスです。ユーザーのニーズや成長に合わせて選択できる豊富な機能のほか、ネットショップ運営初心者やデザインにこだわりたい方向けに、初期設定やデザイン制作を代行する『制作代行』メニューを提供するなど、ユーザーのネットショップ運営や成長拡大を支援しています。これまで『カラーミーショップ byGMOペパボ』にも、“ブランディングを意識した商品写真を撮影してほしい”、“予算10万円以下でイメージ写真を撮ってほしい”といった写真の撮影代行に関する要望が寄せられていました。そこで『カラーミーショップ byGMOペパボ』では、商品の魅力が伝わる写真の提供を通じて、日本全国のユーザーのネットショップ運営・成長拡大を支援するため、『ネットショップの商品撮影代行サービス』を提供することといたしました」

このように『ネットショップの商品撮影代行サービス』では、プロのカメラマンがユーザーの店舗やアトリエなどに出向いて、ネットショップのデザインや商品ページに使用できる商品写真を撮影する。撮影した写真は「カラーミーショップ byGMOペパボ」で運営しているネットショップの他、SNSやブログなどでも使用いただくことができるものとなっており、ビジュアルでの訴求力を高めたいEC事業者にとっては有力な選択肢となりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事