生鮮食品EC「クックパッドマート」、ANA Cargoと連携し地方の食材を収穫翌日に一都三県に配達可能に

ECのミカタ編集部

クックパッド株式会社は、株式会社ANA Cargoと連携し、生鮮食品EC「クックパッドマート」で、地方の食材を収穫後、最短翌日に一都三県のクックパッドマートユーザーへ届けることが可能になったと発表した。

本連携は、クックパッドマート独自の食品流通網とANAの航空輸送を活用するもので、トライアルで扱った高知の食材は、これまで収穫から生活者に届くまで5日程度かかっていたが、本施策により、生活者に届くまでの時間を大幅に短縮したという。

食のつくり手と消費者をつなげる「クックパッドマート」

クックパッドマートは、食のつくり手と消費者をつなげる生鮮食品ECプラットフォームとして、独自の流通網を構築し、1,000店を超える出店者が販売する生鮮食品や日配品など、約1万5000種類の商品を取り扱っている。

現在、一都三県の約700カ所に生鮮宅配ボックス「マートステーション」を設置し、ユーザーは、指定したマートステーションで注文した商品をピックアップしたり、自宅配送サービスを活用して商品を受け取ったりしている。

連携の背景

クックパッドマートのサービスを展開していく中で、同社は、ユーザーが料理を楽しめるようにするためには、より新鮮な状態で、さまざまな産地のものが購入できる必要があると考えていた。

そんな中、高知県で地元の食材を取り扱う合同会社Harunaより、一都三県の生活者に新鮮な高知の食材を届けたいとの相談を受け、2021年12月よりANAの航空便とクックパッドマートの流通網を組み合わせ、本連携のトライアル運用をスタート。それにより、これまで都内の小売店に並ぶまで5日程度かかっていた野菜などの一次産品が、収穫後最短翌日には一都三県の生活者に届けられるようになった。

この結果を受け、クックパッドとANA Cargoは、今後さまざまな地方の食材をクックパッドマートで取り扱うことや、一都三県で開催される食関連イベントでの出店などを視野に入れ、さらに連携を強化することにしたという。

連携の内容

本連携は、ANA Cargoの旅客機の貨物スペースを活用した航空輸送と、クックパッドマートの流通網を組み合わせ、地方の食材を一都三県にいち早く届けることを実現するものだ。

クックパッドマートのユーザーからアプリで注文を受けた地方の生産者は、ユーザーの指定するお届け日に合わせてANAの集荷拠点(各地の空港)に商品を持ち込み、出荷を行う。その後、ANA航空機によって羽田空港へと空輸され、クックパッドマートの流通網から、一都三県のマートステーションに届けられる。

合同会社Haruna代表 田増義大氏は、本連携について次のようにコメントしている。

「コロナ禍の影響で、おもに東京の飲食店に出荷していた高知の生産者や弊社は、売上が激減するとともに、多くの食材が行き場を失っていました。高知の生産者は、事業継続が困難な状況になっていましたが、この新しい販路の拡大により新しい収入源が確保でき、本当に助かっています」

両社の連携によって、これまで地方の生産者が抱えていた「距離」のハンデが大幅に軽減される。収穫から生活者に届くまでの時間が大幅に短縮されることで、色々な意味で、地方の生産者と首都圏の生活者の距離が縮まることに期待したい。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事