【PayPayフリマ】初回送料1,800円分が実質0円なるキャンペーンを開始

ECのミカタ編集部

PayPayフリマは2022年6月13日(月)から7月31日(日)まで、初回販売時に最大1,800円分の送料を実質無料にするキャンペーンを実施することを公表した。

熱度が増すリユースEC市場

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が運営するフリマアプリ「PayPayフリマ」は、2022年6月13日(月)から7月31日(日)まで、初回販売時に、最大1,800円分の送料を実質無料にするキャンペーンを実施することを公表した。同キャンペーンでは、通常施策である初回販売手数料無料に加えて、キャンペーン期間中送料も実質無料となる。

「PayPayフリマ」は、販売手数料を業界最安値である5%に設定していることに加え、今年2月に初回出品の販売手数料を0円に改定しており、リユース機会の提供を促進してきた。

今年5月に実施された「Yahoo!ニュース みんなの意見」のアンケートによると、物価上昇による家計への影響を感じていると回答した人は約95%にのぼっているという。このような中、「PayPayフリマ」は、リユースEC市場を担うプラットフォームとして、初めて出品する人を対象に、出品者負担の送料が初回実質無料になるキャンペーン実施を決定したとしている。

対象となる配送メニュー

同キャンペーンの対象は「PayPayフリマ」の配送サービス、「おてがる配送(ヤマト運輸)」の「ネコポス」宅急便コンパクト(EAZY)、宅急便(EAZY)(60~160サイズ)、「おてがる配送(日本郵便)」の「ゆうパケット」「ゆうパケットポスト」「ゆうパック」(60~170サイズ)となる。

薄手の衣類、アクセサリーや本などが送れるA4サイズの「ネコポス」や「ゆうパケットポスト」から、扇風機やエアコン(室内機)など小型の家具が送れる「ゆうパック」の170サイズまで最大1,800円分の送料に相当するPayPayポイントが後日付与されるという。同社は、販売手数料や送料を気にせずに初めてのフリマ出品をユーザーに促し、季節の変わり目の不用品の価値化に活用してもらいたいとしている。

そのほかのキャンペーンも同時に実施中

また現在初めて「PayPayフリマ」で出品するとクジが引け、必ず100円相当のPayPayポイントがもらえ、抽選で最大100,000円相当のPayPayポイントがあたるキャペーンも6月27日(月)まで実施されている。

さらに「PayPayフリマ」公式Twitterアカウントをフォローし、該当投稿をリツイートすると、抽選で100人に5,000円相当のPayPayポイントがあたるキャンペーンも6月15日(水)から7月3日(日)まで実施されており、Twitterアカウントがあれば誰でも参加できる。

加えて発送に便利なオリジナル梱包材も、「ヤフオク!」、「PayPayフリマ」両方で使えるようにパッケージをリニューアルします。6月中に「LOHACO」で販売開始予定だとしている。

リユースEC市場を代表する同プラットフォームだが、矢継ぎ早のキャンペーン展開によって、新規ユーザーと既存ユーザー双方、そして一般の消費者に対して、さらなる存在感を示すことになりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事