【aiship】Googleアナリティクス 4(GA4)のeコマース機能に対応

ECのミカタ編集部

株式会社ロックウェーブ(本社:滋賀県大津市、代表取締役:岩波裕之)は、同社の「aishipシリーズ」がGoogleアナリティクス 4(GA4)のeコマース機能に対応したことを公表した。

Googleアナリティクス4の新機能が使える

ロックウェーブは、同社が提供するクラウド型ECサイト構築ASP「aishipシリーズ」について、Googleアナリティクス 4(GA4)のeコマース機能に対応したことを公表した。同システムを利用中のEC事業者は、Googleアナリティクス 4の新しい概念や指標を使ったデータ分析をいち早く導入することができるようになった。

さらにGoogleアナリティクス 4と連携設定を行うことで、Googleの最新技術を活用したユーザーの行動予測や、アプリや媒体を跨いだ一連の行動分析が可能になり、従来のユニバーサルアナリティクスと併用して計測することで、仕様の違いから生じる、取得データの差異について理解を深めることができるとしている。

また2022年6月末までにGoogleアナリティクス 4に対応したECカートシステムにて利用設定を行うことで、Googleアナリティクス 4の新たな指標で昨年対比の分析が可能になるという。

aishipシリーズで新たな計測が可能に

◆各種イベント計測

ユーザーのカート操作やログイン状況を確認できる各種イベント計測に対応。ユーザーの一連の行動分析が可能になる。

◆eコマース機能

コンバージョン測定はもちろん、購入プロセス、購入の可能性、購入後に起こす行動予測(例えばリピート化するかや解約率など)の分析が可能になる。

◆BigQueryの活用

Googleアナリティクス 4とBigQueryを連携することで、様々なツールから取得した膨大なデータを高速で処理し、総合的に分析することが可能になる。

Googleのサポート終了に対応

Google社によって発表されている通り、Googleアナリティクスのユニバーサルアナリティクスは2023年7月1日をもってサポートを終了する。引き続きGoogleアナリティクスにてデータ分析を行う場合は、新規格であるGoogleアナリティクス 4に切り替える必要がある。

クラウド型ECサイト構築ASP「aishipシリーズ」では、利用中のEC事業者に対し、継続的なデータ分析に影響を及ぼさないよう、ユニバーサルアナリティクスのサポート終了まで1年以上を残し、バージョンアップを実施した。

同社はこれにより、ECサイトを運営する上で必須であるeコマース関連の主要イベントに対応したとしている。また今回のバージョンアップに留まらず、各種イベントに随時拡張予定だとしており、ECにおけるデジタルデータを活用したマーケティングがさらに深化することになりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事