もらって嬉しかったお中元1位は「洋菓子」、困ってしまったお中元1位は?【調査結果】

ECのミカタ編集部

株式会社ウェブギフト(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:冨田 仁、https://www.webgift.co.jp/)が運営する「オフィスギフト(URL:https://www.officegift.jp/)」は、20~70代の男女300名を対象に、お中元に関する本音についてアンケートを実施し、その結果を公表した。

もらって嬉しかったお中元ランキング

「これまでにもらって一番嬉しかったお中元は何ですか?」という質問で、上位に選ばれたお中元とその理由は以下の通りだ。

◆1位:洋菓子(ゼリーやアイス・クッキーなど)
洋菓子のお中元は、「普段自分では買わないから」「家族みんなで食べられる」という回答が多く、最も票を多く集めた。なかでも甘いもの好きな女性の回答者が多く、暑い季節だからこそ美味しく食べられるゼリーやアイスが喜ばれるようだ。

・大人も子供も好んで食べられるものだったから。(30代女性)
・日持ちがするし、なかなかたべられない高級なお菓子だったから。(30代女性)
・お盆に人が集まった時に、もてなしの一品として出すことができた。(60代女性)

◆2位:肉類(ハムなどの加工肉を含む)
肉類は洋菓子とともに人気が高く、「夕飯の一品として使える、調理が簡単」「高級なものは普段自分で買わないから」という理由が多く寄せられた。肉類は好き嫌いが少ないため、無難でありながら喜ばれやすいお中元のようだ。

・肉類だと、お昼ごはんや晩御飯のメインのおかずとして使えるため。(20代女性)
・自分では買えないようなハムなどが贅沢だし美味しいから嬉しいです。(30代女性)
・老舗のお肉屋さんの、最高級の霜降り肉をいただき、今まで食べたお肉の中で一番美味しかった。(50代男性)

◆3位:酒類
「夏=ビール」という意見が多く、お中元には少し贅沢なビールのセットが喜ばれることがうかがえる。また、「いつも飲んでいるから」「普段は我慢する価格のお酒だから」「初めて飲むお酒だったから」と、お酒好きな人にはどう転んでも喜ばれるような印象の回答理由が寄せられた。

・お酒は毎日飲むものなのでいつもらってもありがたい。(60代男性)
・夏はビールが美味しいので、やはりビールをいただくと嬉しいです。(30代女性)
・飲んだことのない地方のお酒をいただいて新しい発見をしたからです。(50代男性)

◆4位:野菜・フルーツ
その土地でしか手に入らない旬の野菜やフルーツなども、スーパーに並ぶものと比べ物にならないほどおいしいという理由から上位にランクインした。

・シャインマスカットをいただきましたが、本当に美味しかったので。(40代女性)
・宮古島のマンゴーをいただきました。完熟でとてもおいしく今まで食べた中で一番の味だったのでうれしかったです。(40代女性)
・自分では買わないような少し高級な物で、とても美味しかったので。(50代女性)

◆5位:コーヒー・ジュース・お茶/同票:麺類(そうめん・蕎麦など)
「コーヒー・ジュース・お茶」や「麺類」には、「日持ちする・消費しやすい」といった意見が寄せられた。

【コーヒー・ジュース・お茶】
・夏場なので冷やしておいしく頂ける果汁飲料が、健康的でもあり、水分補給にもなるので、家族みんな楽しめてよかったです。(50代女性)
・普段からコーヒーをよく飲むのでセットでもらったのは嬉しかったです。(40代男性)

【麺類】
・夏場に素麺をもらったことがあり、好き好みなく家族が喜んで食べ消費もできたので困る物ではなく、みんなが喜ぶ物だと思うから。(20代女性)

正直、困ってしまったお中元ランキング

「これまでにもらって困ってしまったお中元は何ですか?」という質問では、嬉しかったお中元でも上位だった「酒類」が1位という結果になった。

◆1位:酒類
「そもそもお酒を飲まない」「好みじゃないお酒は飲まない」人にとって、酒類は最も困ってしまうお中元であることがわかる。また人に譲るにしても、その人の好みがわからない、重くて運ぶのが大変、といった困りごとが挙げられていた。

・我が家はお酒を飲む人がいないので困りました。(20代女性)
・好みでないお酒をいただいた時は逆にもらってくれる人を探すのに苦労する。(40代男性)
・自宅ではほとんどお酒を飲まないから。ワインだったので最も飲まない酒種で困ってしまいました。(50代男性)

◆2位:日用品(洗剤・タオルなど)
日用品の中でも特に「洗剤」は、人によって好みの香りや使用感が違うため、他のものをもらうと困るという意見が多く、体質に合わないものは使えない、と好み以前の理由があることも判明。また洗剤やタオルは、他の人のお中元と被りやすく大量に溜まってしまうというデメリットもあるようだ。

・洗剤などは自分の愛用ブランドがあり買いだめしています。洗浄力や香りなどでお気に入りに決めているため、異なるブランド商品を貰っても正直使うのに困ります。(30代男性)
・タオルなどの場合は、あまりにもド定番すぎる贈り物なため、もらっても目新しさや嬉しさをあまり感じず、家の中に頂き物のタオルがありすぎて消費しきれずに困っているから。(30代男性)
・自分が使っているものではないので結局他の人にあげることになるので。家族がアトピーなどの問題で使えないものが多いため。(30代女性)

◆3位:コーヒー・ジュース・お茶/同票:海産物(佃煮や明太子などの加工食品を含む)
もらって嬉しかったお中元では5位の「コーヒー・ジュース・お茶」が、困ってしまったお中元の3位にランクインするという結果に。日持ちして消費しやすいという理由で人気がある一方、「普段飲まないものは困る」「大量だと消費が大変」というように、贈る相手によっては困らせてしまうこともあるようだ。

同票の海産物は、単純に苦手だという理由や、普段使わないものは調理に困るといった理由が挙げられた。

【コーヒー・ジュース・お茶】
・ジュース等は意外と飲まずにずっと残ってしまうことが多いので。(30代女性)
・自分や家族の好みに合わないものをもらうと、消費できずもったいないと感じた。(50代女性)
【海産物】
・生ものは早く食べないといけないし、好き嫌いの問題もあって、あまりうれしくない。(50代男性)

◆5位:麺類(そうめん・蕎麦など)
嬉しかったお中元で5位だった「麺類」は、困ってしまったお中元でも5位という結果に。

なかでも「そうめん」は、お中元の定番であるがゆえ「複数の相手からもらうと食べきれない・飽きる」といった理由が挙げられた。また大量でなくとも、一人暮らしや家族が少ない場合は消費に困るお中元のようだ。

・たくさんいただいても、消費しきれず残ってしまうから。(40代女性)
・そうめんは毎年かならずもらえるので食欲が失せます。(40代男性)
・一人暮らしなので、そうめんを貰ってもなかなか食べる機会がなく困りました。(30代男性)

お中元に求めるもの、「実用性」「好みであること」

「お中元に最も求めるものは何ですか?」という質問では、「実用性」と「自分の好みであること」という回答が多く、贈る気持ちやマナーを重要視する人は少数派であることがわかった。

お中元の悩み、「好みがわからない」「マンネリ」「面倒」

お中元についての悩みとして多く挙がったのは以下の3タイプだ。

①相手の好みがわからない
人によって趣味嗜好が違うため、どんなお中元が喜ばれるのか悩んでしまう人が多いようだ。

・相手の好み、家族構成が不明で何が好まれるのか悩みます。(30代女性)
・相手の趣味や好みを知らないと送るものが決まらないから(60代男性)
・実は相手と自分の好みがマッチしていなかった時、良かれと思って贈ったモノが、本当は迷惑になっていないかどうか心配(40代女性)

②毎年同じようなものばかりになってしまう
「相手の好みのものを贈りたいけど毎年同じようなものは贈りたくない」という狭間で悩んでいる人も多いようだ。

・毎回同じようなもののやりとりになってしまうので悩ましい。(30代女性)
・相手の好みや欲しいものがわからないので毎回無難に同じものを渡してしまうけど、相手がどう思っているのかわからないところです。(40代女性)

③やめたい・正直面倒
お中元の手配は、贈り先が多ければ多いほど選ぶ手間や時間がかかり、大変な作業となる。とはいえ、贈られてくるお中元や風習自体を無視するわけにもいかず、半ば義務的なやり取りになってしまっている人も少なくないようだ。

・もらったら返さないといけないのが面倒です。会社にくるものはお礼状を出さないといけないのでそれも面倒でした。(40代女性)
・義務的に送られて送り続けている相手がおり、やめたいが送られてしまうので、やめられない。(40代女性)
・注文するのが面倒くさい。人によって贈るものを変えたり、チョイスする作業も時間がかかるので大変。(40代女性)

9割がカタログギフトのお中元は「嬉しい」と回答

「お中元でカタログギフトをもらうことについてどう思いますか?」という質問では、全体の91%が「嬉しい」「とても嬉しい」と回答しており、好意的な意見が多いこと明らかになった。

その理由として、以下のような声が寄せられている。

・もらう側は好きな物を選べるので無駄にならないので良いし、あげる側も確実によろこばれる可能性が高い。(50代男性)
・下手に使わないものをもらうくらいなら自分が欲しいものを選びたいです。(40代女性)
・とにかくカタログを見るのが楽しいです。あれこれ悩み家族で話し合う時間が生まれます。(40代女性)

嬉しかったお中元と困ってしまったお中元のランキングを見ると、重複するものも多い。やはり定番の品物は「嬉しかった」人が多い一方で「困った」という人も多いようだ。「もらって嬉しかったお中元ランキング」上位の中では、洋菓子とお肉は困ったという人が少なく、比較的人を選ばないお中元だといえる。

また、カタログギフトに肯定的な声も多いことから、好みがわからない相手に対しては、割り切って「相手に選んでもらう」ことも有効のようだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事