食品廃棄642万tの実態!一石を投じるYahoo!の施策

石郷“145”マナブ(編集長)

左:グラウクス関藤 竜也さん 右:ヤフー北川達郎さん

ヤフオク!が食品ロスの問題に真摯に向き合う

 何気なく口にしている食品の裏で、日の目を見なかった食品が一体どれだけ廃棄されているかを皆さんは知っているだろうか。

 その答えは642万トン。昨年度、農林水産省で試算された本当の数字である。実にこれは日本の米の総収穫高80%にもあたり、飢餓に苦しむ子供に支援して送る数の2倍に相当するという。

 ヤフー株式会社(以下、ヤフー)とそんな話をする機会があった。その理由は、ヤフオク!が、この問題に真摯に向き合って、新たなビジネスを開始していたから。ヤフーのヤフオク!カンパニーリユース推進部部長 北川達郎さんは言う。「まさか僕らが口にしている食品は生産された食品のうちの一部でしかなくて、多くが廃棄されているという実態を。この問題を多くの人が知らない限りは、何もこの問題は解決しない」と。

 そこで、ヤフーは『KURADASHI.jp』というサイトを運営するグラウクス株式会社(以下、グラウクス)に協力を要請した。グラウクスは、ヤフーよりもずっと前から、廃棄される食品のことを社会問題として取り上げ、そうした廃棄される前の商品を買うことの意味合いを説き、『KURADASHI.jp』という店舗の中で販売を続けていた。オトクに商品を買えてしかも人の為になる、そんなキャッチフレーズで。

 その上で、ヤフーは、そうした食品が廃棄されている問題、いわゆる「食品ロス」という問題を徹底的に取材。それに関連づける形で、食品ロスに絡む商品に関して、多くの仕入れ先を持つグラウクスに対して、同社が扱う商品をヤフオク!に出品することを提案。それが実現に至った。お茶などが、時に80%OFFで出品されている。

なぜ、食品ロスが生まれるのか?

 しかし、僕は思った。なぜに、そもそも、そんなに廃棄物が生まれるのだろうと。日本人は「もったない」等の精神により、物を大切にする人種ではなかったのか。これに関して、グラウクスの代表取締役 関藤 竜也さんは、その原因もまた、日本人の国民性によるところもあると説明する。

 一つはお店の都合。棚が用意されたとして、ある一定期間を過ぎれば配置の関係で外される。この外された商品は結果、クレームになることを恐れ、その後、再度売られることなく、廃棄されるということも少なくない。もう一つは、メーカーの都合。余剰在庫はあまり明らかにしたくない、という事情がある。本来であれば、ファミリーセールなどにかけて、安価にして売り

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

メディア編集部 ゼネラルマネージャー。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。