特別企画:ASPカートが見据えるECの未来【ショップサーブ編】

利根川 舞

今やモールとともに当たり前に存在する独自ドメインのEC店舗。その中でも更に手軽に始めることができるASPカート。

ASPカートで店舗を持つ意味、存在の意味、理解できていますか?

今回は、ASPカートのパイオニアとして「ショップサーブ」を提供し、EC事業者を支えてきた株式会社Eストアーの営業本部 営業1部 シニアマネージャー 佐藤 啓史 氏にお話を伺いました。

特別企画:「ASPカートが見据えるECの未来」目次
・【成り立ち】https://goo.gl/Gdljww
・【CARTSTAR編】https://goo.gl/jT8kuH
・【FutureShop2編】https://goo.gl/hlUZ30
・【MakeShop編】https://goo.gl/oEQZwK
・【カラーミーショップ編】https://goo.gl/JF9NmQ
・【ショップサーブ編】https://goo.gl/tjyoGN

ASPカートのパイオニア、ショップサーブ

 「ショップサーブ」を提供するEストアーは1998年、代表の石村 賢一氏によって創業、1999年2月に設立された。設立当時、最初に販売されたのはレンタルサーバーに決済の機能がつけられた”ストアツール”であった。しかし、【成り立ち編】で石村氏が語ったように、時代の先を行き過ぎたために全く販売数は伸びず、カートが付いていないレンタルサーバーばかりが売れていた。

 しかし2003年、”ストアツール”は好機を得ることになる。人々のインターネットで商品を販売するというニーズが増え、Eストアーは急成長を遂げたのだ。そして現在まで、ASPカートのパイオニアとして走り続けてきた。

 「ショップサーブ」の利用店舗数は2015年度の段階で12,592店舗、その他のシステム利用店舗を含めるとその数は18,682店舗にまでのぼり、その中には創業当時からの店舗もいるという。長い歴史の中での1億取引を超えるトランザクションと、流通額1兆円分の経験やノウハウ。その全てがEストアーには蓄積されている。

 EC事業者との関わりの中で、現在の「ショップサーブ」は作り上げられたのである。

使いやすい管理画面が売上アップへと導く

ショップサーブ受注処理画面

 「お客様からいただくお話としては、売れた後の受注処理や決済の確認などが、一度に管理画面で見ることができ、それが時間短縮につながって業務効率が上がりましたというお話しを聞くことが多いです。」

 消費者の立場で”ECサイト”と聞くと、商品が並んでいるページや個人情報の入力画面などを思い浮かべることが多いの

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

利根川 舞

メディア編集部
ロックを聴きつつ平安時代に思いを馳せる文学人間。タイムマシンができたら平安時代に行きたいです。
ライブハウスやフェス会場に出没しては、笑って、泣いて、叫ぶ姿が目撃されている。ACIDMANや10-FEET、ROTTENGRAFFTYが大好き。

サービスやその場の雰囲気がイメージしやすくなるような記事を書いていきたいと思います。

利根川 舞 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。