さらなるコンバージョンを上げる Web広告の選択肢

リスティング・リターゲティング広告だけではコンバージョン数は頭打ちに?!その打開策となる選択肢を知る!

リスティング・リターゲティングをはじめとする“刈り取り型”広告。コンバージョンに直結するというメリットから、多くの企業が活用しています。ところが、一方でこのような声も耳にします。
「順調にコンバージョンを出せていたのに、効果が頭打ちになってきた」
「最近、以前よりもCPAが高騰して、効率が悪くなってきた」
「以前と同じように運用しているのに、コンバージョン数が下がってしまう」
なぜ、このようなことが起こってしまうのでしょうか?

本資料では、その理由を明らかにした上で、コンバージョンを増加させるための具体的な選択肢をご紹介します。リスティング・リターゲティングだけが“刈り取り型広告”ではありません。マーケティング部門や広告部門の担当者は、ぜひご覧ください。
業界の基礎知識
2018年05月22日(火)17時40分

目次

1章 リスティング、リターゲティングだけではWEBコンバージョンはもう増えない・・・!?
  ・時間の経過とともにコンバージョン数が頭打ちに。これは避けられない!?
  ・なぜ、コンバージョン数が頭打ちになってしまうのか?
  ・コンバージョン数を増加させるために。刈り取り型広告の全体像を知ろう


2章 刈り取り型広告の種類と特徴からみる追加を検討したい広告とは?
  ・刈り取り型広告の選択肢と特徴
   -リスティング広告
   -リターゲティング広告
   -データフィード広告 
   -SNS広告
   -アフィリエイト広告
  ・検討するうえで切り離せないコストの問題
  ・「費用対効果」だけではない着目すべきアフィリエイト広告の副次的効果!
  ・リターゲティング広告×アフィリエイト広告で効果倍増!?
  ・刈り取り型広告の追加を検討するのであればアフィリエイト広告は有効な選択肢
  ・アフィリエイト広告についてもっと知りたい方