サービスの多様化でEC市場を支える日本郵便が進めるEC事業者向けサービス

ECのミカタ編集部 [PR]

日本郵便株式会社 郵便・物流営業部 EC戦略室 担当部長 世羅 元啓氏
 2001年旧郵政事業庁入庁。2005年より郵便・物流部門に携わり、昨年4月から、ECに特化した新部署「EC戦略室」の担当部長として、EC事業者、EC利用者双方の利便性を向上させる施策を企画立案している。 

 EC市場の拡大は宅配業界にも大きな影響を及ぼしている。EC での注文がどんなに便利になっても、最終的な商品の受取が不便なままでは積極的に利用してもらえない。コンビニや郵便局、さらに自宅の郵便受け箱での荷物受取など、受取の多様化を進める、日本郵便株式会社 郵便・物流営業部 EC 戦略室 担当部長 世羅 元啓氏にお話を伺った。 

日本郵便の宅配サービス EC市場による変化とは

 弊社が提供する荷物の宅配サービスは、小包郵便という形から始まり、120年以上の歴史があります。その中でも今、EC市場の拡大に伴って、大きな変化が起きています。

 宅配サービスというのは、従来、荷物の宅配を依頼する人と荷物を受け取る人が別の人という場合がほとんどでしたが、特にここ数年、EC市場の拡大により、荷物の宅配を依頼する人と受け取る人が同じということが急速に増えています。

 そのような変化の中、弊社の強みとしては、まず、配達品質が高いという点が挙げられます。特にEC商品の宅配に関しては、当然ながら商品が破損するようなことがあってはいけませんし、何かトラブルがあればEC事業者様の不利益となってしまいます。そういったことのないよう、高い配達品質を保つということは、当たり前のようでいて非常に重要なことだと考えています。

ライフスタイルの変化は実際どう現れているのか

 EC利用者様が増えるにつれ、 宅配サービスに対するニーズも多様化しています。ライフスタイルの多様化により、日中、家にいる時間が少なくなっているといった 話をよく耳にしますが、それだけではありません。例えば、子育て 中の方だと、子どもを連れての外出はしにくいので、自宅にいながら好きなものを注文できて、商品が自宅に届く

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。