EC通販の頭脳を代行するビジネスとは? マーケティングコンサルタント これから志岐氏に訊く。

[PR]

EC通販の頭脳と言われる「マーケティング部」の代行サービス急先鋒として活躍する志岐氏。

製造、システム、物流、決済……さまざまな領域を横断するEC。マーケティングの重要性を感じてはいても、その幅広い領域を俯瞰することは自社ではなかなか難しい。それであれば外からサポートしよう!と、マーケティング代行をはじめた、株式会社これから。マーケティングコンサルタントの志岐 大地氏に業界の実情を聞いた。

社会や市場のニーズに応えられているかを正しく判断できるマーケターはいるか

Q. 自社のECサイトにおいて、マーケティングは充分か?
Q. 売上が伸びない原因を正確に理解しているか?

これらの質問に「イエス」と答えられるEC事業者がどれだけいるだろうか。ECの運営には、さまざまな要素が絡み合う。サイトでの商品の見せ方は?広告の打ち出し方は?顧客対応は?支払い方法は?あらゆる視点から、そのサイトなりの解を導き出すのがマーケターの仕事だ。

「EC業界ではマーケティングの人材が不足している」と志岐氏はいう。大手企業には著名なトップマーケターがいるものの、業界全体でみると絶対的な人材不足。その理由はふたつある。

ひとつめは、ECは路面店のショップが副業としてはじめることが多いという成り立ちだ。志岐氏の言葉を借りれば「商品のプロであってもECのプロではない」という担当者が多い。ふたつめは、幅広いECの領域を横断する知見をもつ人材が、そもそもいないのだ。仮にいたとしても、相当の年俸を払える大企業でなければ、雇い入れることは叶わない貴重な人材だろう。

「『商品の製造からお客様の手元に届けるまで』の、どこに課題があるのか」。マーケター不在ということは、多くのEC事業者にとってはそれを正しく判断することさえ困難なのが実情だ。

商品のプロが「広告」や「デザイン」のわらじまで履く必要はない

「EC業界はどんどん拡大してきていますが、二極化も進んでいます。さまざまな支援ツールも、基本的には売れている会社向けのサービスなので値段が高い。中小企業は支援ツールが導入できない、即戦力のマーケターも雇えない、という状況です」と志岐氏。

多くのEC事業者は、マーケティングに関しては素人のはずだ。それでも手探りでやっている担当者が非常に多いことだろう。しかしそれでは、いくら時間があっても正しい解にたどり着けないかもしれない。

例えば社内会議で「集客に力を入れる」となったとき。そこで必要なのはSEO対策なのか、広告なのか、SNSの運用なのか。それを正しくジャッジできる人物はいる

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/original_news/14749/