簡単・スピーディーな操作でコンテンツ拡充! ECサイトをメディア化する 『Media EC FANTAS』

ECのミカタ編集部 [PR]

(左)ボクブロック株式会社 代表取締役 林昌孝氏
(中央)株式会社エステティクス 執行役員 経営企画担当 兼 海外事業統括 西田真士氏
(右)株式会社エステティクス 代表取締役 齊藤慶和氏

ECサイトにコンテンツを充実させることで"ファン"の育成を目指す企業が増えています。そこで今回、ECサイトの発信力を高め、メディア化する『Media EC FANTAS(ファンタス)』を展開しているボクブロック社とECサイトのコンテンツ拡充を目指す上で、FANTASのコンセプトに共感し、いち早く導入した『DAZZSHOP』を運営するエステティクス社にお話しを伺いました。

自社ECサイトをメディア化する重要性

 現在、単に商品情報を掲載するだけで購入につなげることは難しくなっています。そのため、商品の開発コンセプトや、商品に込めた想い、利用シーンなど様々な情報を積極的に発信することで、その商品・ブランドについてのファンを育成し、ブランド・ロイヤルティを高めてくことの重要性が高まっているのです。

『Media EC FANTAS』(以下、『FANTAS』)は、そうした市場の変化に応える目的で開発した"ECサイトをメディア化するためのクラウドEC"です。

ECサイトのメディア化でアプローチできるターゲット層が変わる

当社はこれまで様々なジャンルのECサイトを数多く構築しておりますが、年々多様化する顧客ニーズや複雑化するシステム仕様を踏まえて構築するには、我々だけでなくご依頼されるEC事業者様側にも一定以上の知識が必要となります。そこに対してハードルが高いと感じる方は少なくありません。

そこで、当社のこれまでの経験・実績に基づいて、真に有用な機能など、当社が必要だと考えるものを製品化しました。こうして生まれた『FANTAS』は、思い通りのECサイトを簡単に実現するとともに、自社ECで必要になる"発信力強化=メディア化"ができるサービスとなります。
 
すべてのECサイトにおいて、発信するコンテンツを充実させることは、ファン作りや、ブランド・ロイヤルティの向上に有用です。とりわけアパレルや雑貨、コスメといった商材には親和性が高く、大変ご好評をいただいています。

FANTASエディタで、”見たまま”簡単・スピーディーにページ作成

 『FANTAS』には、多様な優位性がありますが、最大の特長は、「FANTASエディタ」です。こちらを使うことで、HTMLなどの知識がなくても、公開ページと同様のページを見たまま作成・編集できるので、掲載したいコンテンツを、誰でも簡単に作ることができます。

そのため、ECサイトの専任担当者だけでなく、店舗スタッフや仕入れ担当者なども更新しやすく、コンテンツの幅を広げることにつながります。また、PCはもちろん、スマートフォンからも更新ができるため、鮮度の高い情報発信が可能です。

クラウド型なのに、機能カスタマイズも可能

 『FANTAS』はクラウド型を採用していますので、機能やセキュリティは自動でアップデートされます。現在、活用の進んでいるAmazon PayやInstagramのShopNowとの連携などは標準搭載しています。ECに有用な機能は常に進化していくため、今後も時流に即した機能やセキュリティは随時アップデートしていきます。さらに、ご要望に応じたカスタマイズにも対応可能なので、オリジナリティの高いサイトを実現できます。
 
『FANTAS』では商品とコンテンツのデータベースが一体化しているので、双方で密接な連携をとることができます。たとえば、アパレルのショップスタッフの方が自分のコーディネート写真をECサイト上に掲載し、そこで着用している商品情報を一緒に掲載したり、逆に商品ページでコーディネート写真を掲載するといった使い方も簡単にできます。

また、コンテンツ内に関連した新着商品や人気商品など、最新のECデータに基づいた情報を表示させることが可能です。これにより過去のコンテンツであっても、最新データと結びつけることで、"古い記事に終売商品が掲載されていた"など、せっかく訪れたユーザーに対してチャンスを逃すようなこともありません。
 
今後の予定として、分析機能を拡充していきます。分析結果に基づいて、課題の抽出や改善、さらにはコンテンツ企画などに役立てていただくことで、メディア化を実施していく上で『FANTAS』の有効性はさらに高まると考えています。

【導入事例 DAZZSHOP】
ECサイト運営とコンテンツ更新を1システムでオペレーション

DAZZSHOPのECサイト( https://www.dazzshop.com/

齊藤 当社のDAZZSHOPは、メイクアップ化粧品を中心にラインナップしたコスメティックブランドです。2019年4月に『FANTAS』の導入を決定し、7月中旬にはローンチしました。

当社の場合、メイクアップ商材という特性上、製品の触り心地や質感、色味などのテクスチャーがとても大切です。そのため、ECサイトでは商品情報だけではなく、それらの情報をお伝えすることがとても重要になります。そこで、そうしたものを感じていただけるコンテンツの作成を重視しており、動画によるメイクレッスンなどを多数掲載しています。

西田 以前は、ECサイトとコンテンツ部分を異なるシステムの併用で運営していたので、オペレーションが非常に煩雑でした。しかし『FANTAS』導入後は、1つのシステムで管理できるので、効率的に運用できるようになりました。また、システムのリプレイスにあたってもストレスなく、スムーズに移行ができました。

各種機能、セキュリティの更新性の高さも魅力

西田 『FANTAS』の導入によって、コンテンツ作成が効率化できたことは最大のメリットです。当時抱えていた"ECサイトのメディア化"という課題に対して、ベストのソリューションだったと思っています。

齊藤 ECサイトの機能についても、『FANTAS』に標準搭載されていたAmazon Payを採用したところ、私たちの予想をはるかに上回る利用者がいらっしゃって、ユーザーの利便性向上にも、とても役立っています。

【「ECのミカタ通信」vol.18より転載】

ECのミカタ通信18号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事