受注後の物流業務はすべておまかせ。Shopify(ショッピファイ)事業者向けEC物流代行サービス「スピードロジ」とは?

ECのミカタ編集部 [PR]

トランスコスモスが手がけているShopify(ショッピファイ)事業者向けEC物流代行サービス「スピードロジ」に注目が集まっている。EC事業のフルフィルメント業務を大幅に効率化できるためだ。倉庫内の業務や配送会社の手配、在庫数管理など物流全般を委託できる。また、ECサイトと倉庫システムのデータ連携によって、受注後は出荷指示・出荷作業・梱包・発送・注文に対するお問い合わせ番号紐付けまで自動的に進む。EC事業者は物流業務から解放され、売り上げを伸ばすための業務に注力することが可能だ。リソース不足に悩むEC事業者にとって、救世主とも言える物流代行サービスだろう。

初期費用が無料で固定費も安いため、スタートアップ事業者でも利用しやすい「スピードロジ」。サービスの特徴やメリット、今後の展望などについてトランスコスモスのデジタルマーケティング・EC・コンタクトセンター統括デジタルトランスフォーメーション総括ECX本部ECプラットフォーム統括部サービスプランニング部の石毛 雅昭氏に話を聞いた。

物流業務から解放され、売り上げを伸ばすコア業務に集中

──本日は「スピードロジ」の特徴や開発の背景、メリット、今後の展望などを詳しくうかがいます。まずは、「スピードロジ」とはどのような物流代行サービスなのか教えてください。

「スピードロジ」はShopify(ショッピファイ)で構築したECサイトを利用する小規模事業者向けのEC物流代行サービスです。倉庫での入荷、検品、在庫管理、ピッキング、同梱物の封入、梱包、配送会社の手配、追跡番号のShopify(ショッピファイ) 登録まで弊社がすべて請け負います。ECサイトの受注データを倉庫管理システム(WMS)に自動的に取り込むため、受注後は倉庫への出荷指示もEC事業者さまが意識することなく自動的に進みます。

最大の特徴は、物流に関するEC事業者さまの業務を徹底的に減らしたこと。EC事業者さまに行っていただくことは、Shopify(ショッピファイ)の管理画面で仕入を登録し、商材を弊社指定の倉庫に送っていただくだけです。Shopify(ショッピファイ)販売サイトで受注した後の配送ステータスはShopify(ショッピファイ)の注文管理画面でチェックできます。EC事業者さまは物流業務から解放され、売り上げを伸ばすための業務に注力していただけます。

「スピードロジ」は倉庫業務をワンストップで代行する。Shopify(ショッピファイ)の管理画面とWMSをデータ連携。オンライン申込・商材を倉庫へ発送するだけで利用開始可能。

──EC事業者は物流業務の負担が大幅に軽減されますね。

その通りです。しかも「スピードロジ」では、EC事業者さまのご負担を軽減することを強く意識し、Shopify(ショッピファイ)の基本機能を最大限活用した設計となっております。

「スピードロジ」の運用担当スタッフは、EC事業者さまが運営しているShopify(ショッピファイ)サイトの管理画面の操作権限を承認いただくことで、EC事業者さまに代わり手作業でデータ入力までも行います。例えば、Shopify(ショッピファイ)の管理画面上でEC事業者さまが仕入登録を行うと、「スピードロジ」の運用担当スタッフがそのデータをWMSに反映し、倉庫側で入庫当日のスタッフシフト調整など準備を進めます。商材が倉庫に入庫し検品が完了した後にはShopify(ショッピファイ)に登録いただいた仕入を消し込むことでお預かりした在庫数をECサイトの販売可能数量に反映、仕入予定もメンテナンスするといったフローです。

「スピードロジ」はShopify(ショッピファイ)とWMSのデータ連携によって多くの業務を自動化し、さらに、運用担当スタッフによる手作業も組み合わせることで、EC事業者さまの物流業務をフルサポートしています。

千葉県柏市内にあるShopify(ショッピファイ)専用倉庫と、福岡県福岡市内にあるShopify(ショッピファイ)運用センターが連携し、Shopify(ショッピファイ)に特化した物流代行サービスを実現しました。手前味噌になりますが、これだけのサービスを提供している物流代行サービスは、おそらく他にないと思います。

Shopify(ショッピファイ)とWMSがデータ連携することでEC事業者にとってほとんどの物流業務を自動化。さらに、「スピードロジ」運用担当スタッフによる手作業も組み合わせることで物流業務をフルサポートしている。

事業の初期段階で「スピードロジ」を活用してほしい

──物流業務全般をワンストップで任せることができる「スピードロジ」は、リソース不足で悩んでいるEC事業者にとって非常に便利ですね。

そう感じていただけると嬉しいです。昨今、EC業界は慢性的な人手不足で、物流業務に手が回らないと悩むEC事業者さまは少なくありません。特にスタートアップ企業や、大企業であっても事業が立ち上がったばかりのEC部門などは、限られたリソースを有効活用するために物流をいかに効率化するかが課題になるでしょう。

物流業務にリソースを奪われ、マーケティングや商品開発などに集中できないという悩みもよく聞きます。EC事業の成長速度を上げるには、アウトソーシングできる業務は外部の専門事業者に任せて、売り上げを伸ばすためのコア業務に集中することが重要ではないでしょうか。事業の初期段階にあるEC事業者さまこそ「スピードロジ」を活用していただきたいです。

──現在のEC市場は変化のスピードが非常に早く、競争も激しいため、事業の初期段階からマーケティングなどのコア業務にリソースを集中することが重要であると。

そう思います。日本では今、D2Cブームなどもあり、EC事業に参入する企業や個人事業主さまが増えています。EC事業を始めたばかりの事業者さまの中には、固定費がかさむことを避けるために、物流を社内で行うケースも少なくありません。事業の初期段階では固定費を抑えたいというお考えも理解できますが、物流業務に優秀な自社社員のリソースを奪われ、売り上げを伸ばすためのマーケティングや商品開発、カスタマーサポートなどに手が回らなくなっては本末転倒ではないでしょうか。

固定費が安く初期費用は無料。スタートアップ向きの料金体系

──Shopify(ショッピファイ)の利用者には中小企業や個人事業主も多く、事業を始めたばかりの段階では物流費を捻出できるのか心配する方も多いと思います。「スピードロジ」はどのような料金設定なのでしょうか?

「スピードロジ」は中小企業やスタートアップ、個人事業主さまでも利用しやすい料金体系にしました。在庫は1パレット単位で保管計算し、保管料金は1パレットあたり月額6,000円です。入荷費用・ピッキング費用や送料などは荷物のサイズと出荷個数に応じた従量課金制。初期費用は無料で、在庫がゼロなら出荷する在庫もゼロなので配送料金・保管料金含めた利用料金も発生しません。

売り上げ・保管在庫数量が少ない初期段階では固定費(保管料金)の負担が軽く、EC事業者さまの売り上げや伸びた出荷量に応じた配送料金をいただく料金体系です。EC事業者さまと弊社がwin-winの関係で成長していけるビジネスモデルにしました。

──物流の固定費を抑えられると、事業の初期段階では非常に使いやすいですね。

そうですよね。そして、注意していただきたいのですが、物流を内製化しているからといって物流コストが安いとは限りません。物流を自社内で行っている場合、物流の外注費は発生しませんが、実際は自社内で保管している在庫スペース相応の家賃・光熱費、管理・作業に伴う自社社員の人件費がかかっています。認識しづらいですが見えないコストが発生しているわけです。

外注費と自社内の人件費のどちらが高いのか、冷静に見極める必要があります。まして、店長クラスや経営者クラスが物流業務に手を取られていたとしたら、リソースを有効活用できているとは言えないでしょう。

トランスコスモスの総合力で成長フェーズごとに最適な物流を提供

──「スピードロジ」に適している事業規模の目安はありますか?

スタートアップや大企業の新規事業、クラウドファンディングなど、ゼロから商品を販売する際にぜひ使っていただきたいです。なお、EC事業者さまの与信審査が通りやすい決済の仕組みを導入していますので、スタートアップや個人事業主さまでも「スピードロジ」をご利用頂くために必要な契約のハードルを下げる工夫を行っております。

EC売上高の目安としては、年商1億円程度までのEC事業者さまに適しています。その規模を超えてくると、取扱商品の種類も増えるでしょうし、同梱物の複雑な出し分けなど、物流現場で必要なサービスのバリエーションも増えてくると思います。そうなると、EC事業者さまごとに専用の物流サービスをカスタマイズする必要が出てくるでしょう。

──EC事業の年商が1億円を超えたら、「スピードロジ」を卒業することになるのでしょうか?

EC事業者さまの成長フェーズに合った物流サービスを、トランスコスモスでは切れ目なくご提供致します。スタートアップの段階では「スピードロジ」を利用していただき、売り上げが伸びてきたらEC事業者さま独自の物流サービスへと移行していただくことが可能です。その際、倉庫を切り替える必要はありません。

トランスコスモスはEC事業全般をサポートする「ECワンストップサービス」を手がけており、Shopify(ショッピファイ)事業者さま向け物流を運用している千葉県柏市内の倉庫では、大規模なECサイトの物流も受託することが可能です。スタートアップから大企業まで、EC事業者さまの事業規模やニーズに合った物流サービスを提供できることが、トランスコスモスの強みの1つだと自負しています。

千葉県柏市内にあるトランスコスモスの物流倉庫。丁寧な荷扱いで、スタートアップから大規模EC事業者まで幅広い物流のニーズに対応している。

売れ筋予測などコンサルティングで売上拡大を支援

──Shopify(ショッピファイ)事業者向けEC物流代行サービス「スピードロジ」は2020年5月にローンチして約1年半が経過しました。今後、どのようにサービスを展開していく計画でしょうか。

今後は、商材のセット組みや、在庫の残数に応じた在庫発注の代行サービスなど、EC事業者さまの業務ニーズに合わせてきめ細いサービスの実用化を検討しています。在庫が一定以下の数量になったら自動的にアラート通知・発注をかけるサービスは、すでに一部のEC事業者さまに対して試験的に実施しています。

──在庫の発注代行サービスなど、かゆいところに手がとどくサービスが実現すれば、スピードロジはEC事業者さんにとってさらにメリットのある物流サービスになりますね。

じつは、在庫の発注代行サービスと関連して、商品ごとの適正在庫数を割り出すサービスの実証実験も行っています。SKU単位で在庫回転率などを分析し、売れ筋商品や不動在庫などの分類を行った上で、SKUごとに最適な発注のタイミングを設定するサービスです。EC事業者さまのニーズを見極めながら、サービス化を検討していきます。

トランスコスモスは物流に限らず、ECサイトの構築や運用、コールセンターまでEC事業全般を支援できる会社です。企業としての総合力やノウハウも生かし、EC事業者さまの経営改善をサポートすることで、より付加価値の高い物流代行サービスを目指していきます。

スピードロジについて知る


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事