1.42億人市場のeBay 売り手・買い手が安心できる仕組みとは

ECのミカタ編集部 [PR]

eBayで越境ECに取り組んでいる株式会社OKURA様に、eBayを使いはじめたきっかけや実際の使い勝手などを伺う。ラグジュアリーブランドを中心に中古品の買取・販売などを行う当社は2019年にゲオホールディングスのグループへ参画、主に国内販売網を拡大させてきた。さらなる販路拡大のために越境ECに乗り出した株式会社OKURAの菊地臣太朗氏を、イーベイ・ジャパン株式会社の内藤美穂氏が取材した。

インバウンド需要の減少 越境ECに活路を見出す

株式会社OKURA 銀座本店

内藤:eBayを使い始めたきっかけについて教えてください。

菊地:元々弊社で使っていたECショップ管理システム「ワールドスイッチ」(株式会社ワサビ様)とeBayが連携していたんです。そのシステムを使えば、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などの国内ECモールと同様にeBayでも出店できると知り、越境ECにもチャレンジすることになりました。

ちなみに、5年ほど前に一度eBayを使ったこともあります。しかしリソース不足で他業務に人手を割かなければならなかったため、すぐに撤退してしまいました。

内藤:そうなのですね。もう一度お使いいただけたきっかけは何だったのでしょうか?

菊地:コロナ禍でインバウンド需要が減少したことが大きな要因でした。海外在住のお客様に向けた販路も拡大させたいと考え、2022年の1月からもう一度越境ECに乗り出すことにしました。

国内ECモールと同様の使い勝手 配送も意外とスムーズ

内藤:eBayは越境ECということで難しいのではないかという懸念を抱く方も、正直なところいらっしゃいます。実際にeBayをご活用くださっているOKURA様の率直な感想を伺いたいです。

菊地: おっしゃる通り、最初は私たちも身構えていた部分はあります。ただ越境ECだからといって仕組みが大きく異なるわけでもなく、思った以上にスムーズに販売できています。「ワールドスイッチ」を使っていることもあると思うのですが、国内ECと同様の感覚で使えていますよ。

内藤:それは良かったです。海外配送についても特に困ったことはありませんでしたか?

菊地:イーベイ・ジャパン様に配送業者様をご紹介いただけたのでかなり手間は省けました。もちろん海外に送るので発送方法について注意しなければならないこともあるのですが、そうした点については配送業者様と密に連携を取りながら行っています。

今までそれなりの品数を発送してきましたが、大きな事故は起きていません。初めて送った時は本当にお客様の手元に届くのかドキドキして待っていましたが、実際には何の問題もなく取引を終えることができました。

日本語による充実したサポート 腕時計の真贋保証サービスも提供

菊地:イーベイ・ジャパン様のサポートの充実度には驚きました。月に1回ほどはZOOMでミーティングの機会をいただけているほか、eBayの使い方で分からないことがあればその都度教えていただけます。

内藤:弊社としてもサポートには力を入れています。そもそもイーベイ・ジャパンの使命は、セラー様をサポートすることなので。だからこそ日本語での対応もいたしますし、マニュアルも揃えてお待ちしております。

具体的には、セラー様がアカウントを作られた際にご参加いただけるセミナーを充実させるなど、スムーズに使い始めていただけるよう全力でバックアップいたします。さらに実際にやってみないと分からないことも多くありますよね。そこで、随時いただくご相談にもお答えできる体制を整えています。

菊地:いつも親身にご対応いただきありがとうございます。いただいた指摘に対応していくことで、売上が伸びているように思います。うまくいくと達成感もあり、担当者としてもストレスのない運用が可能です。

内藤:そう言っていただけるとうれしいです。実は昔は、英語対応が基本だったのです。しかし日本のセラー様をしっかりとサポートするためには日本語対応が必要だと考え、今ではカスタマー対応だけでなくeBay上のダッシュボードも日本語でお使いいただけます。そのほかコンサルタント制度も用意しておりますので、セラーの皆様はご自身にあったやり方で取り組んでいただいています。

菊地:あと、システムの仕様も助かっています。アップロードした商品画像にロゴやシリアルがしっかりと写っていないと警告が表示されたりしますよね。やはり国内ECとは違ったポイントもあるので、海外のバイヤー様にお買い求めいただける方向に自然に導いてもらえるのでありがたいです。

内藤:弊社には色々な知見が蓄積されています。バイヤー様・セラー様の双方にご満足いただけるような工夫を施してきました。

そのほかにも例えば1商品100万円の上限設定を廃止し、高額商品を販売できるようにしました。また腕時計を対象とした真贋保証サービスもございます。バイヤー様にとっての安心につながることはもちろん、万が一の返品時にも商品の状態が変わっていないか確かめられるためセラー様にとっての安心要素にもなっています。

1.42億人のバイヤー(買い手)がいるeBayで 売上の拡大を目指す

内藤:OKURA様の今後の目標について、お聞かせいただけますか。

菊地:目先のことで言えば、まずはセラーレベルを上げたいですね。eBay上でトップレイテッドセラーになることで、さらに加速していきたいと考えています。

弊社は時計やバッグ、宝石などを扱っているのですが、そうしたラグジュアリーブランドの海外需要は本当に高いなとeBayを使っていて実感しています。海外のお客様にも弊社の商品をお買い求めいただき、ラグジュアリーブランド販売といえばOKURAといったような認知につながればいいなと思っています。

内藤:ありがとうございます。ぜひeBayを活用し尽くしてください。現在eBayは世界中に展開しており、1.42億人のバイヤー様がいらっしゃいます。実際に、OKURA様のように海外需要の高い商品を扱う企業様にとってeBayがお力になれる部分も多いかと思います。

特に今は円安傾向にあることから新規で販売を始められる企業様も増えている印象があります。また今後ともサービスの拡充を予定しており、たとえば真贋保証サービス(*)の適用ジャンル拡充も検討中です。手厚い日本語サポートをはじめとして、セラー様・バイヤー様の双方に安心していただけるよう取り組みを進めていきますので、越境ECでの売上拡大を考える企業様は是非お問い合わせください。
*真贋保証サービス:取引時にeBayによる真贋鑑定が無料で付帯されるサービス。2022年8月現在、日本ではUS$2,000以上の腕時計のみ対応

海外販売に役立つeBayオリジナル資料集

eBayが初めてでも安心の販売サポート


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事