中国越境ECでリスクを下げて勝つ、中小企業の販路拡大を支援

ECのミカタ編集部 [PR]

越境ECにおいて注目度が高い中国。これまで多くの物販の日本企業が進出したものの、そのほとんどは失敗に終わっている。その原因は何だったのか。今後、中国で自社ECを立ち上げることに可能性はあるのか。中国モールへの出店・出品を支援するサービスを提供する、ソウルドアウト株式会社の平山雄人氏に話を伺った。

中国進出の失敗要因と状況の変化

08~12年にかけて、日本で中国ビジネスバブルが起き、多数の企業が中国へ進出しましたが、その多くは成功しませんでした。中国に進出するためには現地法人の立ち上げが必要でしたし、自社ECを立ち上げるにもライセンスが必要で、取得するための資金が3,000万円、審査には当時約2年ぐらいかかりました。つまり、資金と時間という初期投資がかかったんです。それだけ投資しても日本企業は中国で勝てなかったんです。彼らには「中国人がどんなものを買うか」というデータがなく、ECで一番大事なPDCAを回すという時間、労力、資金、ノウハウがなかったんです。そのうえ、商習慣の違い、法律などのルールが変わるスピードが速いというのも成功できなかった要因だと思います。

この状況が変わったのが2014年初頭。アリババグループの「天猫(Tmall)」というネットモールが、「Tmall国際」という外資法人しか出店できないブランドを立ち上げました。これにより、中国で現地法人を立ち上げる必要がなくなり、日本企業の中国進出が容易になった結果、再度「中国越境EC」に注目が集まりました。今年2015年は「中国越境EC元年」と言っても過言ではない程、盛り上がっています。

中国越境ECの現状と課題

前述のTmallと並び、中国EC界のネットモールで二大巨頭といわれるのが、京東(ジンドン)です。京東の母体である「テンセントグループ」はウェブサービスの企業で、LINEのような「WeChat」というサービスを運営しています。決済、ゲーム、情報ポータル、フリーメール、スマホアプリも持っていて、今世界で最も注目を集めている企業の一つです。一方で、Tmallは大手顧客志向が鮮明となり、世界的にも有名な大手や人気商品を持つ企業しかモールに受け入れなくなってきています。

中国では、Tmallや京東といったネットモールに人が集まりますが、そこではユーザー評価が非常に重要です。「中国のWeb上で売られている製品の68%は偽物」と

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。