運営代行 

EC支援部

「運営代行」ではなく、「伴走する成長マーケティング」
御社の目標に向かって伴走します!

  • 中期的な目標の達成
  • スピード感のある運用
  • デジタル人材のレベルアップ

目標の共有とPDCA運用
EC支援部の目的は、お客様のECサイトで売り上げ目標を達成することです。
それに向けて、月に1〜2回の打ち合わせを実施し、目標の確認と、事前に用意したアクセス解析の結果をもとにして、次の期間の改善内容を共有します。
そのPDCAサイクルを繰り返し回して、常にアイデアを出し合いながら、目標達成に向けて進んでいきます。

クイックな対応
やりたいこと、試したい施策をクイックに実行できること。変化の大きいEC業界では、とても大切なことです。
チャットツールの活用で、クイックな反応をし、対応内容や納期をすぐに決定し、日々の業務はスピード感をもって進めます。
目標は、「隣のデスクに、私たちがいる感覚を持ってもらうこと」です。


デジタル人材の育成
私たちが提供できる知識・ノウハウ・スキルは惜しみなく共有いたします。
それを管理者同士だけでなく、現場のスタッフ間で共有していき、何ができて、何ができないかを理解しながら進めていきます。
その繰り返しにより、御社の中にも今よりもレベルアップしたデジタルに強い人財が増えていくことを目指します。

日々の結果に一喜一憂できるチームになりたい
ECサイトの運営は、とても人手もかかりますし、ご苦労されている姿をよく目の当たりにします。
よくある「運営代行」サービスは、お客様の専門である自社の商品開発に時間を充ててもらったり、エンドユーザーの対応に時間を充分にとってもらうために、運営代行会社の専門分野であるECの知識やノウハウをもって対応し、お互いの専門分野で生産性を上げていきましょう、というのが基本的な方向性だと思います。

それはもちろん必要なことではあります。ただ、創業以来、様々なお客様の運用をさせていただいてきましたが、それだけではこれからECサイトを成功させていくには「足りない」と感じました。
EC支援部のポリシーは「運営代行」ではなく、「伴走する成長マーケティング」です。
お客さんと伴走=一緒に走っていくことを基本に、クライアントとともに歩む姿勢によって私たちとお客様がともに成長しより大きな成果を生み出します。
お互いの領域を作業としてこなすのではなく、関わる人が何ができるかをみていきながら、スキルやノウハウを共有しながら、つまりお互いに成長しながら、伴走します。

お互いをチームの一員として認め合って、私たちもお客様のことを自社のことのように思いたいのです。
そして、目標が達成できた時、できなかった時も、心から一喜一憂しながら、目標を達成していきたいと考えています。


株式会社 かいな

 土方 里代
 riyo@caina-group.com
 mobile 09063602948

 〒460-0014 名古屋市中区富士見町13番19号 富士見町八木ビル8F 801室  
 tel 052-265-9742

 コーポレートサイト:
 https://caina.co.jp/