銀行決済とは?種類・メリットや導入方法を解説!

ベリトランス株式会社

銀行決済はさまざまな場面で年代を問わず、幅広く利用されてきた決済手段です。
銀行決済にはどのような種類のものがあり、オンライン決済に導入するとどういったメリットがあるのでしょうか。本コラムでは下記2つのポイントを中心に解説します。

1.銀行決済の概要と導入するメリット
2.銀行決済導入時に決済代行会社を利用するメリット

銀行決済とは

銀行決済には、以下の3つの決済手段があります。

1.銀行振込決済
2.Pay-easy(ペイジー)
3.口座振替


日本銀行の調査によると、日常で使う現金以外の決済手段は、金融機関口座からの自動引き落としが63%、金融機関窓口やATMからの振り込みが42%となっており、クレジットカードに続いて銀行決済が広く利用されていることが分かります。

■日常で使う現金以外の決済手段(複数回答)

>> 出典:財務省『「デジタル時代のイノベーションに関する研究会」報告書‐第1章 デジタル経済の進展と支払手段の多様化』
https://www.mof.go.jp/pri/research/conference/fy2018/digital2018_report01.pdf



続きを読む >>
https://bit.ly/3fLq7WI


著者

ベリトランス株式会社

ベリトランスは、クレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済やAlipay等の国際決済まで一括導入可能な総合決済ソリューションをご提供しています。
 ECや実店舗、越境EC、特定業界向けなど各チャネルでご利用いただける決済サービスや、近年では、モバイルPOS、モバイルバーコード決済(QRコード決済)、オムニチャネル向け決済など実店舗を対象とした決済も提供し、事業者様の売上向上につながるさまざまな決済ソリューションを展開しています。

 デジタルガレージグループのイーコンテクストと共に、グループ全体で日本最大規模のオンライン決済プロバイダーとして、1997年の創業以来、金融機関に求められる高度なセキュリティ環境・管理体制を構築し、EC事業者様がクレジットカード情報を保持せずに決済サービスを利用できる安心・安全な仕組みを提供しています。

ベリトランスサイトURL : https://www.veritrans.co.jp/