【無料ホワイトペーパー】今すぐ始める!モバイルオーダー・事前決済導入と決済手段選定のポイント

ベリトランス株式会社

新型コロナウイルスの感染拡大により発生した“巣ごもり需要”に対応するため、事前注文・事前決済に対応できる「モバイルオーダー」サービスを検討・導入する飲食店が増加しています。モバイルオーダーは飲食店にとどまらず、宿泊施設やイベント、スタジアムなど様々な業種・業態で活用が見込まれている一方、モバイルオーダーを始めるにあたっては様々なサービスが存在するため、「どのような導入方法があるか、何をポイントに選べばよいか」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

本資料では、モバイルオーダーを導入するメリットと選定のポイント、またモバイルオーダーに適した決済手段の選定について詳しく解説していきます。

今回は、そのレポートの一部をご紹介します。

モバイルオーダーの導入メリット

モバイルオーダーを導入することで、店舗には次のようなメリットがあります。

・収益化手段の拡大
販路を拡大することで、新規の顧客獲得やシーンに応じたサービス提供が可能となり、売上アップにつながります。
・オペレーション改善
顧客はアプリ/サービス経由で注文・決済でき、回転率の向上や接客時間の短縮につながります。
・感染症対策
現金受け渡し時の接触や会計待ちの混雑を軽減できるため、感染症対策としても有効です。
・ノーショー対策
事前決済に対応することで、予約した顧客が当日店頭に現れない「ノーショー」の未然防止対策となります。
・オーダーミスの低減
アプリ経由で直接オーダーが可能なため、オーダーの打ち間違いや会計時のミスを減らすことができます。
・レジ締め作業の短縮
現金の取り扱いが減ることで、閉店時のレジ締め作業を効率化して従業員にかかる負担を減らすことができます。





続きを無料ダウンロード >>
https://tinyurl.com/y5gq7hys


著者

ベリトランス株式会社

ベリトランスは、クレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済やAlipay等の国際決済まで一括導入可能な総合決済ソリューションをご提供しています。
 ECや実店舗、越境EC、特定業界向けなど各チャネルでご利用いただける決済サービスや、近年では、モバイルPOS、モバイルバーコード決済(QRコード決済)、オムニチャネル向け決済など実店舗を対象とした決済も提供し、事業者様の売上向上につながるさまざまな決済ソリューションを展開しています。

 デジタルガレージグループのイーコンテクストと共に、グループ全体で日本最大規模のオンライン決済プロバイダーとして、1997年の創業以来、金融機関に求められる高度なセキュリティ環境・管理体制を構築し、EC事業者様がクレジットカード情報を保持せずに決済サービスを利用できる安心・安全な仕組みを提供しています。

ベリトランスサイトURL : https://www.veritrans.co.jp/