サービスとしてのDevOps:DevOpsをDaaSにアウトソーシングする?

SmartOSC Japan

DevOpsは、10年以上にわたって多くの中規模企業に必要な実装でしたが、最近のDevOps as a Service(DaaS)モデルの登場により事態は一変しました。この記事では、失敗する可能性がある場合のDevOpsとは何かを簡単に要約し、DaaSがこれらの問題をどのように解決するかを探ります。

DevOpsとは?

この記事を読んでいる場合は、DevOpsとは何か、および製品のリリースプロセスの主な利点をすでに知っている可能性があります。そのため、「DevOpsが失敗する理由」というタイトルのセクションに進んでください。

DevOpsを初めて使用する場合は、次の概要:

DevOpsとは、開発チームと運用チームが力を合わせて、会社の製品発売プロセスに関与するさまざまな可動部分が互いに対立するのではなく、調和して機能するようにする一連の方法を意味します。個別のビジネス戦略ではなく、既存の戦略を完成させる方法です。

DevOpsには、自動化されたワークフローやインフラストラクチャなどの方法によるビジネス手順の継続的な改善と最適化、またはアプリの品質と機能の継続的な測定が含まれます。 DevOpsの重要なベストプラクティスの1つは、継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)です。これにより、アプリを最適化の最先端に保つために、コードの修正と改善が常に実装されます。

DevOpsはどのようにビジネスを助けることができますか?

DevOpsが重要である3つの理由:

1・新しいソフトウェアをより早くリリースされる
合理化された開発サイクルは、ソフトウェアリリースをより短い時間で起動し、以前より出すことができることを意味します。さらに、フィードバックループははるかにタイトなので、ほぼリアルタイムでソフトウェアに対する建設的な批判を得ることができます。

2・ソフトウェアの品質を向上させる
DevOpは、ソフトウェア処理段階での人的エラーを最小限に抑えることを目的としています。これにより、製品のバグと欠陥率が低下し、デバッグ、テスト、および改善にかかる費用が大幅に節約されます。

3・革新し、協力して新しいアイデアを生み出す
アジャイル開発プラクティスの非常に具体的な反復において、DevOps方法論は、開発チームと運用チームの間で相互受粉して迅速な問題解決を実現し、イノベーションに集中するための時間をより多く解放するのに役立ちます。

続きを読む >>

http://smartosc.jp/devops-as-a-service/


著者

SmartOSC Japan

SmartOSC社は、ベトナム、オーストラリア、日本、シンガポール、アメリカ、イギリスに各事務所があり、わずか3人のチームメンバーから始まり、現在は500人以上の技術専門家の企業に成長させてきました。Eコマースに関する深い理解と技術の革新性を融合させ、プロ ジェクトを1000件超え、時間どおり、予算内、大規模な実装で実証 されたブランドとのエンゲージメントにおいて最高のパフォーマンスを 発揮します。

http://smartosc.jp/