2021年のEコマース及び事業運営の10の技術動向

SmartOSC Japan

eコマースの小売業者とビジネスプロセスマネージャーのために、2021年の次世代トップITおよびビジネスリーダーに影響を与える10のテクノロジートレンドを紹介します。アドビ、ガートナー、マッキンゼー、デロイトを含むすべてのトップビジネスレポートの調査結果から見えてきた傾向を照らし合わせます。

ライブストリームのショッピングイベントからクラウドコンピューティングサービスまで、2021年に事業運営とeコマースを変革する最新のテクノロジーを紹介します。

■7つのeコマーステクノロジーの動向
 1.モバイルショッピング
 2.ソーシャルメディアコマース
 3.ライブストリーム
 4.音声ショッピング
 5.デジタル+物理
 6.クリック収集
 7.カスタマーエクスペリエンスのパーソナライズ

■3つの事業運営技術動向
 1.在宅勤務の合理化
 2.機械学習のためのDevOps
 3.クラウドコンピューティング

モバイルショッピング

携帯電話での買い物が2021年も増え続けることは、eコマース分野の誰にとっても当然のことです。
スマートフォンが過去10年間でますます普及するにつれて、オンラインショッピングでの使用も増えています。FinancesOnlineによると、モバイルコマース(Mコマース)は2021年に15%増加する予定であり、モバイル販売はすべてのeコマース販売の73%を占めるとのことです。モバイルショッピングが主流になるにつれて、顧客はよりスムーズで優れたショッピング体験を期待するようになります。この強化されたカスタマーエクスペリエンスを提供するために、eコマースマーチャントは2021年にPWAなどのモバイルファーストテクノロジーを使用してWebサイトのバックエンドコーディングを改善し、ユーザーインターフェイスをアプリのようにします。

ソーシャルメディアコマース

2021年にはeコマースWebサイトでのショッピングだけでなく、消費者はソーシャルメディアからの閲覧や購入が増えていくでしょう。業界のリーディングカンパニーは、ユーザー生成コンテンツ(UGC)などのマーケティング手法からAugmented Realityなどの高度な販売技術まで、日々革新しています。例えば(AR)および人工知能(AI)がソーシャルメディアショッピングのテクノロジーを革新したりなどがそれにあたります。

今後5年間でeコマースで競争する上で、商人(マーケティング担当者)は、ビジネスのためのソーシャルネットワークの利用が強い力を持っていることを知っている必要があります。それぞれ異なるソーシャルメディアのプラットフォームは、独自の販売のトリックを持っています。ShopifyやBigCommerceなどのeコマースプラットフォームも、サービスをソーシャルメディアと統合していますが、ブランドはソーシャルコマースの欠点にも注意する必要があります。

ライブストリーミング

2021年のソーシャルショッピングの重要で成長している側面の1つは、ライブショッピングイベントの中心を形成するライブストリームビデオの台頭です。スマートフォンを持っている人が増え、自由時間が増えるということは、ソーシャルメディアをより頻繁に使用することを意味します。eコマース小売業者はライブストリームビデオでこの機会を利用します。そこでは、影響力のある人が製品について話し、視聴者はソーシャルメディアプラットフォームで特別割引価格で直接購入できます。

ソーシャルメディアでのライブストリームショッピングビデオは、ジェネレーションZのテレビショッピングチャネルのようなものです。ライブストリーミングは、WeChatやTaobaoなどの中国のソーシャルメディアプラットフォームですでに何年も人気があり、KimKardashian氏はライブストリーミングで、わずか数分で1,300万人以上の聴衆に15,000本の香水ボトルを販売しました。eコマースのトレンドに関しても、世界の他の地域は今や中国に追いついています。

音声ショッピング

音声コマースとは、スマートフォンやスマートスピーカーアシスタントのマイクに向かって話すことで、オンラインで商品を注文することです。自然言語処理(NLP)の機能の向上により、時間の経過とともに音声によるショッピングがより簡単で魅力的になります。2021年は決して音声コマースの頂点ではなく、音声コマースが今年オンラインショッピングの最も人気のある手段になる可能性は低いですが、テクノロジーは確実に成長し続けます。

PwCの音声検索に関する調査(ボイス・コマース・音声アシスタントの取り込みを促進することに関するノート)では、話し言葉を正確に理解し正しい内容を伝えているかどうかということに、利用者から十分な信頼を得るなどの問題を克服する必要があるとしています。

続き読む>>

http://smartosc.jp/10-tech-trends-2021-ecommerce-and-business-operations/


著者

SmartOSC Japan

SmartOSC社は、ベトナム、オーストラリア、日本、シンガポール、アメリカ、イギリスに各事務所があり、わずか3人のチームメンバーから始まり、現在は500人以上の技術専門家の企業に成長させてきました。Eコマースに関する深い理解と技術の革新性を融合させ、プロ ジェクトを1000件超え、時間どおり、予算内、大規模な実装で実証 されたブランドとのエンゲージメントにおいて最高のパフォーマンスを 発揮します。

http://smartosc.jp/