お客さまとEC事業者さまがWin-Winに! クレジットカード決済のメリット・デメリットとは

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

総務省の「平成27年通信利用動向調査の結果」によると、「インターネットで購入する際の決済方法」という設問では、クレジットカード払いが69.2%でもっとも高いポイントを獲得しています。この結果からもわかるとおり、EC事業者さまにとってクレジットカードは必要不可欠な決済手段です。そこで今回は、なぜここまでクレジットカード決済が求められているのか、そしてEC事業者さまにとってどのようなメリットがあるのかを解説いたします。

お客さまから見たクレジットカード決済のメリット

クレジットカードで決済をすることは、お客さまにとってさまざまなメリットがあります。なかでも、手間がかからず、かつお得にショッピングが楽しめる点は大きな魅力です。金銭面の懸念により、「欲しい」「買いたい」という欲求を先延ばしせずに満たせることは、大きなメリットと言えるでしょう。


■手持ちの現金が少なくても、商品の購入ができる

給料日前などの手持ちの現金が少ない場合でも、クレジットカードがあれば、商品の購入やサービスを利用することができます。また、分割払いを利用することで高額商品も欲しいタイミングに購入でき、一括払いに比べて月々の負担額が少ないというメリットもあります。

銀行振込や口座振替などは、手持ちの現金や口座残高がないと支払えませんが、クレジットカードならカード会社から認められた限度額の範囲で支払える点もお客さまメリットと考えられます。


■インターネット上で簡単に決済ができる

クレジットカードを利用することで、インターネット上で決済を完了することができます。わざわざ店舗に足を運びお支払いを行う必要はありません。また、ECサイトに、商品のご送付先などのお客さま情報を登録することで、次回以降の購入時は入力を省くことできます。


■手数料がかからない&ポイントが貯まる

銀行振込などでは手数料が必要ですが、原則としてクレジットカードでのお支払いには手数料がかかりません。(※注1)
さらに、ご利用に応じてポイントが付与されるケースも多いため、よりお得にお買い物ができます。

(※注1) 一部手数料が発生する場合があります。


EC事業者さまから見たクレジットカード決済のメリット

次に、EC事業者さまがクレジットカード決済を導入するメリットについても見ていきましょう。ECサイトにおいて、クレジットカードでのお支払いを可能にすることは、売上増加やお客さま満足度の向上につながります。


■販売機会の拡大&販売単価アップ

ECサイトの支払方法にクレジットカード決済を用意することは、お客さまの高額商品のご購入を後押しする、ため販売機会拡大が見込めます。また、分割払いやリボ払いを受け付けることで、比較的高額な商品も販売しやすくなります。


■利便性の提供による満足度向上

近年、クレジットカード決済を導入しているECサイトが増加し、並行してお客さまにもクレジットカードでのお支払い体験を通して「カードが使えると便利」という意識が浸透しつつあります。このことから、支払方法の一つにクレジットカード決済を用意しておくことは、お客さま満足度向上やECサイトのリピート率向上に寄与するというメリットがあります。


■集金・請求処理などのコストの低減

クレジットカード決済を導入すると、滞留管理業務や請求作業などの集金業務の軽減を実現できます。料金回収における未収率も改善されますし、銀行振込にかかる人件費の削減も見込めます。


■定期契約の継続率アップ

商品の定期販売やデジタルコンテンツなどの月額料金の回収を簡単に行えるようになります。お客さまも都度支払う手間がなくなるため、定期契約の継続率向上が期待できます。


クレジットカード決済の導入デメリットとは

上記のとおり、クレジットカード決済にはお客さまとEC事業者さまにさまざまなメリットがありますが、一方で、デメリットもあります。


・初期費用や決済手数料
クレジットカード決済には、導入に必要な初期費用や、商品・サービスの販売都度かかる決済手数料などの費用が必要となります。

・導入時の開発工数
クレジットカード決済を導入するには、少なからず、ECサイトの改修が必要です。


クレジットカード決済導入には決済代行会社の利用がおすすめ

クレジットカード決済は、「クレジットカード会社との直接契約」または「決済代行会社との契約」のいずれかで導入できますが、決済代行会社を利用することで、EC事業者さまの手続きや開発工数を大幅に抑えることが可能です。


■クレジットカード会社との直接契約

日本で利用されている主要なクレジットカードブランドには、VISA、Master Card、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubがあります。

これらのブランドに対応したクレジットカード決済を導入するには、複数のクレジットカード会社と契約を締結し、かつECサイトの改修も必要になるため、非常にコストがかかります。また、売上金の入金サイクルも各社異なるため入金管理の工数も必要です。


■済代行会社との契約

EC事業者さまの負担を抑えて各クレジットカードブランドを取り扱えるようにご支援するのが決済代行会社です。

決済代行会社は、クレジットカード会社との契約や入金管理をEC事業者さまに代わって行ないます。ECサイトの改修も決済代行会社のシステムと接続するだけで済むため、コストを抑えることができます。

また、その他の決済サービスを追加導入する場合も各手続きが簡略化できることに加え、セキュリティやプロモーションなどのECサイトに必要なサービスをワンストップで導入できます。

クレジットカード決済導入をお考えであれば、決済代行サービスのご利用を選択肢の一つに加えてはいかがでしょうか。

著者

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社 (SoftBank Payment Service)

弊社は、決済代行サービス(オンライン決済、店舗決済)、アクワイアリング(カード加盟店業務)、イシュイング(カード発行業務)を事業領域として、8万店を超える事業者さまに安心・安全な決済サービスを提供しています。あらゆるビジネスシーンでご活用いただける決済サービスを総合的にご提供し、事業者さまのビジネスチャンス創出をご支援いたします。クレジットカードやコンビニ・キャリア決済などの豊富な決済手段に加え、集客支援、不正使用対策など、ワンストップでご提供します。万全のセキュリティ対策と充実のサービスでビジネス拡大に貢献します。

https://www.sbpayment.jp/

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。