もう恐れない!Amazon代引き詐欺注文の対応まとめ!(出品者出荷編)

アグザルファ株式会社

こんにちは!Amazon専門コンサルタントのAJです!

昨年からAmazon内で流行している「代引き詐欺注文」。

皆さまのお耳にもすでに入っているかもしれません。

最近では被害が減ってきている様子もありますが、油断してはいけませんよ!

代引き支払いが使用できる商品を狙って、未だに注文を繰り返すユーザーが存在していますので注意が必要です!

今回は、「代引き詐欺注文が実際にあったらどう対処すれば良いの?」といった、Amazon出品者のみなさんに参考としていただける内容をまとめていきます。

本記事を読めば、怪しい注文が入っても落ち着いて対応できるようになりますよ!

参考)もう恐れない!Amazon代引き詐欺注文の対応まとめ!(FBA出荷編)
https://ecnomikata.com/column/24118/

代引き詐欺注文についての詳しいお問合せはこちらから
https://bit.ly/31XwzmT

代引き詐欺注文ってなに?

「代引きいたずら注文」とも一部では言われておりますが、代金引換注文で商品を発送をしても、受け取り拒否や宛先不備にて返送されてしまうケースのことを指します。

また、今回流行している代引き詐欺注文では、出品者出荷の商品を狙い、また一度に大量の注文をすることが特徴的です。

こんな注文があったら要注意!

代引き注文が入ったからと入って、一概に代引き詐欺とは判断できませんよね。

しかし、油断は禁物です。

当社調査で、Amazon出品における代引き詐欺の注文内容の傾向が見えてきましたので、下記のような内容があてはまった場合は要注意です!

・代引き注文で同じ商品を2点以上まとめて購入されている

・住所や宛名、電話番号に不備がある

※住所が不完全である、宛名と住所が一緒、電話番号の桁が足りない、等

・購入者名が「ローマ字+数字」になっている

特に、ひとつの商品や同じ時間帯に何度も代引き注文が入っている場合は、代引き詐欺注文である可能性が高いため、要注意です!!

代引き詐欺注文かもしれない!と思ったら?3つの対応方法!

出品者出荷の場合、配送が完了してから受け取り拒否などで返送されてしまうと、出品者側の送料負担、また発送・返送にかかる労力も計り知れません・・・

ですので、前述の「こんな注文があったら要注意!」のように、怪しいと疑われる注文があった時には、“発送前”に行うべき3つの対応方法をお教えいたします!

対応1:テクニカルサポートへ報告

代引き詐欺注文と思われる注文がある旨を伝え、購入者と連絡を取り連絡がつかない・正しい住所の確認が取れない場合、キャンセルを行って良いかの承諾を得ましょう。

最近ではAmazon内でかなりの件数で代引き詐欺注文が発生しているようです。

そのため、本来は購入者への電話を行うことはガイドラインとしては適しておりませんが、上記の内容についても了承を得ることができます。

対応2:購入者への電話連絡

電話番号が記載してある場合、電話をかけて購入の意思があるか、購入希望の場合は正しい住所をご確認のため教えていただけるようお伺いしましょう。

※詐欺ではなく、購入希望のお客様もいらっしゃる可能性があります。「代引き注文のため確認のご連絡をしております」と添えていただくと良いですね!

電話がつながらない、また注文した覚えのない宛先に繋がったという場合は次のステップに進みます。

対応3:購入者へのキャンセル連絡

該当の注文があったメールアドレスに回答期限付きの内容でメールを送りましょう。

【メールに記載すべき3点】
1)発送前の確認として電話連絡をしたが、つながらなかった旨
2)住所、宛名に不備があるため、購入ご希望の場合は返信をしてほしい旨
3)返信期限を○○時までにいただけない場合は、キャンセルとさせていただく旨

出品者側での作業となってしまいますが、出荷前にキャンセルを行うことで、受け取り拒否などの被害を最小限に抑えることができます。

アカウントステータスに影響はないの?

代引き詐欺注文と疑われる注文は、出荷前にキャンセルを行うと良いとお伝えいたしました。

Amazon出品者のみなさまであれば、ふと気づくことがありますよね。

「アカウントステータス悪化しないのか?」

お気付きの通り、Amazonでは出品者側で「出荷前キャンセル」を行うことでアカウントステータスが悪化します。

通常時、全体の注文に対して出荷前キャンセル率が4%を超えると、Amazonからの通知が入ったり、あまりに著しく悪化した場合には、アカウントの停止などのペナルティを受ける可能性があります。

代引き詐欺で被害者でもあるのに、アカウントステータスは悪化、泣き寝入りしかないのか・・・涙

と思われた方。

安心してください!

現在横行している代引き詐欺注文は、Amazonとしても非常に重く受け止めています。

そのため、代引き詐欺注文としてやむを得ず出荷前キャンセルを行っているので、Amazonへ報告をすることによりアカウントステータスを考慮してもらうことができますよ!

「“発送前”に行うべき3つの対応方法」の「対応1:テクニカルサポートへ報告」で案内されると思いますが、アカウントステータスを管理している部署への連絡が必要となります。

TO:
alliance@amazon.co.jp

内容:
テクニカルサポートへ報告した内容
キャンセルした注文の注文番号一覧

上記に連絡をして、アカウントステータスの考慮、アカウント停止等の影響を事前に抑えられるよう、対処しましょう。

なお、今回の内容ではあくまで「代引き詐欺注文」でのキャンセル考慮のみとなりますので、その他の理由で申請を行っても考慮されません!

まとめ

代引き詐欺注文の対応について、いかがでしたか?

代引き詐欺注文は誰にでも起こりうることです。

代引き設定を一時的に無効にすることも防止策ではありますが、それが難しい場合には、各代引き注文の注文内容をいつも以上に確認いただき、少しでも未然に防げることを願います。

出品者様も購入者様も気持ちよくお買い物ができるよう、詐欺などのトラブルが少しでも減ると良いですよね。

本記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

代引き詐欺注文についての詳しいお問合せはこちらから
https://bit.ly/2omhn4b



Amazon出品に関する知識・対策を公開中!

まだ自己流のAmazon出品で苦戦してるの?
https://ecnomikata.com/column/23589/

Amazon出品者向け!10月まであとわずか!消費税10%増税への対応まとめ!
https://ecnomikata.com/column/23700/

「Amazon定期おトク便」の注意点をご存知ですか?
https://ecnomikata.com/column/23768/

Amazon出品ご担当者向け!ユーザー権限を使って作業効率化!
https://ecnomikata.com/column/23903/


著者

アグザルファ株式会社

【Amazonコンサルのパイオニア】
元Amazon社員が設立し、2011年のサービス開始当初より多くの成功事例を創出。
設立当初から一貫してAmazon販売に特化した専門コンサルとして知見、ノウハウを蓄積しています。
Amazon販売におけることであればAmazon本体より詳しいと自負しており、お客様やAmazon内部からもそのように評価をいただいております。
広告や価格でのその場しのぎの売上強化をメインに謳うのではなく、基本的な「セッション・転換率・客単価」の3要素に関し、商品ページの地力を強化してまいります。

【お客様とのコミュニケーション】
弊社はご連絡をいただいてから1営業日以内での返信を徹底。その点でも多くのお客様から信頼いただいております。

【Amazon内での受賞実績多数】
「Amazonランキング大賞」で部門「第1位」の実績や「Amazonマケプレアワード」でカテゴリー賞「第1位」を連続受賞。

【メディア掲載実績多数】
代表は「日本ネット経済新聞」でAmazon出品に関する記事を連載。
他にも、「ECのミカタ」「日経MJ」への掲載やAmazon攻略本への情報提供も多数。

https://www.axalpha.com/company/