Amazonブランド登録セラー必見!「brand analytics」で分析できること(Amazon検索用語|商品比較と代替購入レポート編)

アグザルファ株式会社

こんにちは!
アグザルファのAmazon専門コンサルタントです!

突然ですが「brand analytics」というAmazonの分析ツールをご存じでしょうか?

「brand analytics」ではAmazon全体で検索頻度の高いキーワードの一覧や出品している商品と比較検討される競合商品などのデータを取得することができる便利なツールです。

今回は少しでも役立つ情報をお届けできればと思い、Amazon出品における「brand analyticsの機能」を解説いたします!

Amazon内の「brand analyticsの機能」についての詳細はコチラから!
https://bit.ly/2omhn4b

「brand analytics」を利用するには

「brand analytics」を利用するには、「Amazonブランド登録」を行う必要があります。

Amazonブランド登録をすることで、ブランドをより正確に表示させたり、違反を発見して報告したり、Amazonが違反を積極的に防止する上で役立つ情報を共有したりできますので、是非Amazonブランド登録をしてみてくださいね!
※Amazonブランド登録を行うには商標登録が必要となります。

Amazonブランド登録を行うと、セラーセントラル内「レポート>ビジネスレポート」画面に表示される、下記画像部分の「ここ」をクリックすると「brand analytics」に入ることができるようになります。

「brand analytics」内では、大きく分けて4つの項目から分析することが出来ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
①:Amazon検索用語

②:商品比較と代替購入レポート

③:リピート購入行動

④:マーケットバスケット分析

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の記事では、この4つの中から、「Amazon検索用語」「商品比較と代替購入レポート」について解説いたします!

「Amazon検索用語」について

「Amazon検索用語」はAmazon全体で検索頻度の高いキーワードとそのキーワードで検索された際にクリックされる頻度の高いASINの1位~3位が表示されます。

実際の画面は以下の画像のように表示されます。

「Amazon検索用語」について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
①「ストア:Amazon.co.jp」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらのプルダウンからカテゴリーを選択することができます。確認したい該当ブランドをお探しください。(現在、カテゴリー名は英語表示)

なお、Amazon全体の検索頻度ランキングを知りたい場合は「ストア:Amazon.co.jp」のままで検索してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
②「検索用語」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特定のキーワードを入力し検索することができます。

入力したキーワードを含むAmazon全体もしくはカテゴリー毎の検索頻度ランキング、検索結果に表示された各検索キーワードで最もクリックされた頻度の高いASINを確認することができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
③「ASINまたはEANを入力」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ASINまたはEAN」を入力することで、対象商品のクリックされる頻度が高いキーワードを逆引き検索することができます。

現在、ASIN検索は機能していますが、EAN検索やJAN検索は機能していません。今後利用可能になることを願います!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
④「レポート範囲」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

取得したいデータの期間を指定することができます。

プルダウンより「日/週/月/四半期」を選択でき、日付部分では任意の期間を指定することができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
⑤「検索用語」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

①~④で指定された条件に合致するキーワードが表示されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
⑥「1位のASIN情報」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

検索結果に表示された各検索キーワードで最もクリックされる頻度が高いASINが表示されます。

ASINはクリックされる頻度が高い順に1位~3位まで表示される仕様です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
注意点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

検索される回数が少ないキーワードの場合、検索結果に表示されない場合があります。

「Amazon検索用語」では検索される回数の多いビックワードに限られる傾向が強いため、調査したいキーワードの検索結果が必ず得られる訳ではありません。

とはいえ、「Amazon検索用語」ではビックワードや出品商品と関連性の高いキーワードがAmazon内でどれほど検索されているか調べるのに便利な機能です。

期間別でキーワードを比較することで、キーワードのトレンドや動向などを把握できるのも魅力的ですので、出品商品のSEO改善に役立つ機能のひとつです!

「商品比較と代替購入レポート」について

「商品比較と代替購入レポート」の機能では、「商品比較レポート」と「代替購入レポート」の2種類のデータを取得できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃商品比較レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出品商品を閲覧したカスタマーが別商品のページも閲覧した中で、最も閲覧割合が高い商品1位〜5位が表示されます。

実際の画面は下記のように表示されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
①「出品商品のASIN及び商品名」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Amazonブランド登録を行ったブランドに紐づけられるすべての商品が表示されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
②「1位のASIN情報」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

①「出品商品のASIN及び商品名」に表示される商品に対し、カスタマーが別商品のページも閲覧した中で最も閲覧する割合が高い商品の1位〜5位が表示されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃「代替購入レポート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出品している商品を閲覧したカスタマーが別商品のページと比較したうえで、別商品が購入された場合に最も多く購入された商品1位〜5位が表示されます。

実際の画面は下記のように表示されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
①「出品商品のASIN及び商品名」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Amazonブランド登録を行ったブランドに紐づけられるすべての商品が表示されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
②「1位のASIN」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

①「出品商品のASIN及び商品名」に表示される商品に対し、カスタマーが別商品のページと比較検討し、別商品が購入された場合に最も多く購入された商品の1位〜5位を表示されます。

「商品比較と代替購入レポート」では、出品している商品と頻繁に比較検討・購入されている競合商品を調査することができます。

ベンチマークする競合商品が明確になることで、商品ページの改善点、広告運用の強化、差別化対策など必要なアクションを講じる材料として利用することができるでしょう。

まとめ

今回は「brand analyticsの機能」の「Amazon検索用語」・「商品比較と代替購入レポート」について解説しました。

「brand analytics」経由でしか取得できない貴重なデータですので、Amazonブランド登録の資格がある出品者の方で、まだAmazonブランド登録がお済みでない方は、まずはAmazonブランド登録を完了させましょう!
また、「brand analytics」には今回解説した「Amazon検索用語」「商品比較と代替購入レポート」のほかにも、「リピート購入行動」「マーケットバスケット分析」のデータを取得することもできます。

これらのデータも検索キーワードの改善、広告キャンペーンの最適化、競合商品のリサーチ等幅広い用途に活用できる機能ですので、次回以降で解説する予定でいます!

「brand analytics」を有効に活用し売上拡大を目指していきましょう!

本記事が皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取扱商品が売れるのかわからない・・・
他サイトでは売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・


このようなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア
アグザルファ株式会社
へお気軽にご相談ください!


Amazon内の「brand analyticsの機能」についての詳細はコチラから!
https://bit.ly/2omhn4b


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Amazon出品に関する知識・対策を公開中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・ルール違反は検索対象外!?Amazon出品メイン画像の画像基準強化はじまるよ
https://ecnomikata.com/column/27485/

・Amazon出品初心者向け!より良いスタートダッシュを切るポイント
https://ecnomikata.com/column/27413/

・出品停止は販売機会損失!未然に防ぐ4つのポイント
https://ecnomikata.com/column/27312/

・Amazon SP広告 運用効果最大化への第一歩!マニュアルターゲティング簡単解説(設定編)
https://ecnomikata.com/column/27291/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Amazon出品に関するホワイトペーパー公開中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・ Amazon出品者必見!Amazon年間イベントスケジュールまとめ
https://ecnomikata.com/knowhow/24831/

・ Amazon出品者必見!ユーザー属性情報簡単まとめ
https://ecnomikata.com/knowhow/25330/

Amazonカレンダー


著者

アグザルファ株式会社

【Amazon専門コンサルのパイオニア企業】
2011年より業界初のAmazonコンサルティングを開始。
パイオニア企業として長年にわたり多くのクライアントの売上を拡大してきた確かな実績や知見を蓄積。

商品やカテゴリ問わず、Amazonデータの解析や競合調査をもとに、1社1社に合わせた最適な施策を実施し、競合との差別化で売上拡大の実現に繋げます。

個人から大手企業まで多くのクライアントのサポート実績があり、月商10倍や無名ブランドを有名ブランドに育てるなど、着実に成功事例を創出。

【Amazon内の受賞実績多数】
年間の優秀な出品者や商品に贈られる「Amazonマケプレアワード」や「Amazonランキング大賞」を当社クライアントが多数受賞。

【メディア掲載多数】
「日経MJ」や「日本ネット経済新聞」、Amazon関連書籍をはじめ、多くのメディアで当社のコンサルティング実績が掲載。AbemaTVの番組「AbemaPrime」にAmazonの動向について代表比良がゲスト出演しました。

https://www.axalpha.com/amazonconsul/