【前半】海外初Inagoraがタオバオと提携。新戦略発表会で語られたこと

ECのミカタ編集部

 本日、中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆プラットフォーム(以下、ワンドウ)」を運営するInagora株式会社(以下、Inagora)は、「資金調達および新戦略発表会」を行った。今回の発表会の内容は前半・後半に分け、前半である当記事では「資金調達」「新戦略」の詳細について紹介したい。

日本と中国の架け橋Inagoraが駆け抜けた一年

 はじめに、同社 代表取締役 翁 永飆氏より、この一年を振り返るプレゼンテーションがあった。

 現在、東京・北京・上海・香港にオフィスを構えるInagoraでは130名のスタッフが活動しており、日本においては60名のスタッフが日本企業をフルサポートしている。 ワンドウは、日本企業が簡単に商品を中国へ販売できる、そして中国の消費者が日本の商品を気軽に購入することができる越境ECアプリであり、この一年で取り扱いブランド数は約1,500ブランド、販売商品は約1万SKU、月次流通総額は10倍に成長したとのことだ。

 このワンドウの大きな特徴としては、まず日本の商品に特化して中国の消費者向けて独自にサービスを展開しているという点だろう。また、“情報の越境”として、越境ECだからこそ必要な情報もしっかりと届けることに注力している。しっかりとした情報を中国の消費者に伝えていくことは、その商品や企業に対する信頼感を生み出すだけでなく、日本でどれほど人気を集めている商品なのかという企業のブランドやポジショニングを理解してもらうことに繋がってくる。

 ではどのような方法で情報を伝えていくのか。ワンドウでは、その商品の使い方や良さを紹介する動画コンテンツや関連する記事を作成し、 様々な角度から商品に対する情報を提供することで購入につなげている。ただ商品を購入してもらうのではなく、エンターテイメントのように楽しくショッピングをしてもらえるプラットフォームがワンドウなのだ。

 また、Inagoraはワンドウにおいて物流と決済をワンストップで提供しているため、日本企業は一貫した越境ECを行うことができる。ここまでサポートが整いながら、初期費用、固定費は0円。日本企業による越境EC促進に大きく貢献しているといえるだろう。

総額約47億円!今年3度目となる資金調達の使い道

代表取締役 翁 永飆氏

 続いて翁氏は、資金調達について語った。

 実は、Inagoraは既に今年の2月と5月に大型の増資を行っており、今回で今年3度目の資金調達となる。日産自動車や三越伊勢丹など20を越える大手企業が共同出資している国内最大級のファンド株式会社WiLや、中国大手投資会社のVentech Chinaな

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。