ヤマト運輸、宅配便の荷受量を制限?EC業界への影響と対策

ECのミカタ編集部

昨日2月23日(木)、「ヤマト運輸の労働組合が2017年の春季労使交渉で宅配便の荷受量の抑制を求めた」とのニュースが、日本経済新聞を始めとして複数のメディアで取り上げられた。

ヤマト宅配便取扱6.7%増、要因はやはりEC?

 国土交通省の発表によると、平成27年度のヤマト運輸の宅配便(トラック)取扱個数は1,731,263,000個で、対前年対比106.7%、国内の宅配便取扱個数のうち46.7%を占めている。国内での宅配便の取扱個数自体も、平成27年度は3,745,000,000個で、対前年比103.6%となっているが、これに比べてもヤマト運輸の取扱個数の増加率は高く、シェアも大きい。

 宅配便の取扱個数が急増している大きな要因として、EC市場の拡大があげられることが多い。実際、経済産業省発表の「電子商取引に関する市場調査(平成27年度)」によると、平成27年の日本国内のBtoB-EC市場規模は、13.8兆円(前年比7.6%増)と急速に拡大している。これと宅配便取扱個数を以下のように見比べると、その関係性が見えてくる。

・BtoB-EC市場規模:13.8兆円(前年比7.6%増)
・ヤマト運輸宅配便取扱個数:1,731,263,000個(前年対比6.7%増)
・日本国内の宅配便取扱個数:3,745,000,000個(前年比3.6%増)

 国内の宅配便取扱の中でも特にヤマト運輸の割合が増えている要因としては、EC市場の拡大の中でtoCの宅配にはヤマト運輸が好まれる傾向があったこと、そして2013年に佐川急便がアマゾンとの取引から撤退し、その分の宅配取扱がヤマト運輸に集中したことなどがあげられる。

不在再配達の増加で配達員9万人分のロスが……

 さらに、ライフスタイルの多様化により、日中在宅の世帯が減り、不在再配達が増加していることも、宅配会社および現場の配達員の大きな負担となっている。国土交通省が2015年に行った「宅配の再配達の削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会」によると、宅配便の約2割が不在再配達となっているという。これを配達員であるトラックドライバーの労働時間に換算すると、年間約1.8億時間、年間9万人(ドライバーの約1割)に相当する労働力となる。

 この問題を解決するために、以下のような具体策も提示された。

1.消費者と宅配事業者・通販事

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。