ロボネコヤマト実証実験開始 物流の未来を切り開けるか

ECのミカタ編集部

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、以下DeNA)とヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、以下ヤマト運輸)は、国家戦略特区である神奈川県藤沢市にて、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験として、新しい受け取り方を検証する2つのサービスを開始すると発表した。

 新しい物流の形が、少しづつ動き出している。DeNAとヤマト運輸は、神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアにて、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」の実証実験を、4月17日から開始することを発表した。

 新たに開始するサービスは主に2つ。オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と買物代行サービス「ロボネコストア」だ。実施期間は4月17日から2018年3月31日までとしていて、約3万人(1万2000世帯)がサービスを利用できる。

自動運転とITで始まる2つのサービス

 「ロボネコデリバリー」は車内に保管ボックスを設置した専用EV車両を使用し、ユーザーが望む時間帯に望む場所で荷物を受取ることができるオンデマンド配送サービス。配送の時間帯を10分刻みで指定でき、対象エリア内であれば、最寄駅や会社など自宅以外の場所でも受け取りが可能。冷凍や冷蔵商品にも対応しており、荷物が到着する3分前にスマートフォンに自動音声で通知する。配達対応時間は8~21時。

 「ロボネコストア」は複数の地元商店の商品をインターネット上の仮想モールで一括購入し、自宅まで運んでもらえる買物代行サービスだ。こちらも冷凍・冷蔵商品に対応しており、今回の実証実験では藤沢市の約20店舗の商品を購入できる。荷物の到着時刻はスマートフォンからリアルタイムに確認できる。配達対応時間は8~21時だが、店舗の営業時間に準じるとしている。利用料金は、注文総額が3000円未満の場合324円で、3000円以上の場合は無料となるそうだ。

ロボットの利便性も、人の手の温かみも。顧客側が選べる時代に

 両サービス共に、現時点ではドライバーによる有人運転。自動運転を見据えているので、ドライバーは荷物の発送・受取りに関与せず、ユーザー自身が荷物を車両から取り出す。サービス受容性の検証や、サービス利用時の細かな要望収集をしていき、今後の展開につなげるとしている。

 まだまだ将来の自動運転社会を想定した実験の段階ではあるが、こういった取り組みは未来を感じさせる。物流がパンクすればECの発展は考えられない。業界全体にとって歓迎すべき取り組みではないだろうか。

 こうしたロボットによる先進のサービスが進化していくことで、逆に、人の手によって届けられる温かいサービスも、新たな需要が増えていくような気がする。ロボットの利便性か、人の手による温かみか。顧客側自身がそれを選べるような時代がもうそこまで来ている。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
  • チュウ八
  • |
  • 2017/04/18 17:24
  • 忠犬ハチ公から「チュウ八」はいかがでしょうか。
  • チュウ八
  • |
  • 2017/04/18 17:24
  • 忠犬ハチ公から「チュウ八」はいかがでしょうか。