ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッド「おもてなしサポートシステム」を提供開始

ECのミカタ編集部

 ボッシュセキュリティシステムズ株式会社と株式会社ブレインパッドは、CRMソリューション「おもてなしサポートシステム」の提供を発表した。これはセキュリティカメラから得られる画像データを活用するもので、両社のマーケティング領域での連携サービスとしては第一弾の試みだ。

 ボッシュセキュリティシステムズ株式会社は、独・ボッシュグループの中核企業だ。高度な映像解析技術を強みに、セキュリティカメラなどを提供する。また株式会社ブレインパッドは、データを活用したマーケティング改善に、豊富な実績を有する。
 両社はこの度、セキュリティカメラの画像を活用した、CRMソリューション「おもてなしサポートシステム」を提供開始すると発表。小売・流通業向けに、接客の高度化・業務改善を支援するのが目的だ。

店舗が本当に知りたい顧客情報へアプローチ

 ECをはじめとするデジタルマーケティングの世界では、顧客データの取得・分析は常だ。ウェブサイトの来訪者数やリピート訪問の有無はもちろんのこと、来訪者ごとのサイト訪問回数、他ページへの遷移情報(ウェブサイト上の導線)なども、細かくキャッチアップ。そして、魅力的な売場(サイト)作り・商品のレコメンデーション(推奨)を実施する。
 その反面、実店舗では、顧客の購買データのみの活用にとどまっているのが現状だ。例えば、ID付きPOSシステムがその代表例だろう。ID付きPOSシステムで行えることは、「何が、いつ、いくつ、いくらで売れたのか」という情報に加え、ポイントカードなどにより「誰が買ったのか」といった情報が取得できるに過ぎない。ゆえに、従来は来店客のより詳しい情報が取得・活用できていなかった。しかし近年、画像処理技術の向上により、インターネット上のように情報を取得・活用できる土壌が整ってきている。

「おもてなしサポートシステム」で接客の高度化を

 ボッシュセキュリティシステムズ製のセキュリティカメラに搭載されている、来店者の顔画像切り出し機能。そしてマイクロソフト社の、画像認識・自然言語処理などを行う、AI関連機能群「Microsoft Azure Cognitive Services」。
 「おもてなしサポートシステム」ではこの2つを活用することで、来店頻度・過去に立ち寄った売場・商品購入の有無などを、個人情報に配慮した上で取得する。そして、取得したデータから、来店者の行動をスコア化。接客をする際に役立つ情報とともに、店頭スタッフ・情報端末・セルフ決済端末などへ送信し、接客の高度化を支援する。

 さらに、取得したデータを分析して、「来店のみで購入に至らなかった顧客の特徴」「曜日・時間帯による、リピート顧客・来店顧客の属性の変化」といった“最新の売場状況”を把握。加えて、分析結果は会員カード情報と連携される。これにより、さらに詳細な行動の把握や、メール配信・アプリプッシュ通知、SNSなどを用いたマーケティング施策にも活用できる。
 本ソリューションの導入にあたっては、改正個人情報保護法に配慮。顧客への告知方法やデータ管理・運用などに関する、コンサルテーションおよび導入支援を行う予定だ。

 ECサイトのほうが自由度が高く、高度な顧客分析がしやすい状況にあるのは事実である。しかし、実店舗も指をくわえて見ているわけではない。今回の「おもてなしサポートシステム」の提供は、実店舗の顧客管理をより詳細にするだろう。ドラスティックに変化する現場の状況を、その場で把握できるのも魅力だ。さらに進んだCRMソリューションの登場で、マーケティングの形も変わってくるに違いない。

ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録