返品率驚異の4%。オーダーメイドシャツのOriginal Stitchは日本の市場をどう変えるのか

利根川 舞

日本のアパレル市場で大きな問題になっている”過剰在庫”。その結果、コストと在庫との間で頭を抱えるアパレルメーカーが非常に多い。それ以外にも様々な課題を抱える日本のアパレル市場にオーダーメイドシャツをECで販売しようとシリコンバレーからやってきた企業がある。

コストのかかるオーダーメイドを低価格で販売できるそのワケはどこにあるのか?そしてアパレル業界はどんな未来を歩むのか。『Original Stitch』のCEOジン・コー氏にその答えを尋ねた。

 ファストファッションのシェア拡大にも見られるように、低価格の商品を短いスパンで購入していくというスタイルも増え、メーカー各社は大量の在庫を抱えている。その結果、アパレル店舗の相次ぐ閉店やリストラに至ってしまう。

 そうした日本のアパレル市場の中に、あえて参入したOriginal Stitchはシリコンバレー発のブランドで、オーダーメイドであるにもかかわらず1着5,500円からという破格の値段でサービス提供を行っている。なぜそのような状況の日本に進出したのか?そして低価格を実現した仕組みはどのようになっているのか。ジン・コー氏は次のように語る。

 「日本のスーツ市場は縮小をしていますが、その一方でシャツ市場は拡大しており、今や2,800億円にまで伸びています。そして、我々はグローバルカンパニーですから、米国に留まらず世界を”支配”したいのです。」

 ”支

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

利根川 舞

メディア編集部所属
ロックが好きで週末はライブハウスやフェス会場に出現します。
一番好きなフェスは京都大作戦。

AIやECを活用した地方創生に注目しています!
ECに関わる素敵なサービス、面白いものを伝えられればと思います。

利根川 舞 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。