【KDDI】Wowmaが店舗をクレカの不正から守るための保険を無料提供へ

ECのミカタ編集部

KDDIコマースフォワード株式会社 (本社: 東京都渋谷区/代表:八津川 博史)は、総合ショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」にて、店舗を第三者のクレジットカードのなりすましの被害から守る「不正利用リスク保険」、および「不正利用リスク保険[安心パック]」の提供を開始。

2018年10月1日からスタートした。

カードの不正利用で店舗の不安も増える

一般社団法人日本クレジット協会の集計調査によると、昨今のEC業界では、クレジットカード取引の不正利用増加に伴い、チャージバックによる損害が増加傾向にあるという。

チャージバックが発生した場合、商品代金は「カード保有者」ではなく「出店店舗の負担」となり、店舗は商品を発送したにもかかわらず、売上金を回収できなくないという事態が発生する。

保険料を無料で提供!

「Wowma!」では、今まで以上に安心して「Wowma!」に出店できるよう、保険制度をリニューアル。従来は希望する店舗が保険料を負担していたところ、今回「Wowma!」に出店されるすべての店舗にチャージバックによる損害を一定額まで補償する「不正利用リスク保険」を保険料無料で提供する。

この保険は、クレジットカード決済を行う全店舗に自動付帯される。

上乗せ補償を希望する店舗には、「不正利用リスク保険[安心パック]」を有償で提供するという。

「安心パック」の概要

決済時、クレジットカードが「Wowma!」内の店舗にて不正利用され、クレジットカード会社よりチャージバックされたことによって、店舗が取扱商品等のクレジットカード決済に関する売上高について損害を被った場合に補償する。

「不正利用リスク保険」

クレジットカード決済を行う全店舗に自動付帯され、保険料無料で一定額まで補償。

「不正利用リスク保険[安心パック]」

不正利用リスク保険の上乗せ補償を希望する店舗に有償にて提供。

キャッシュレス化に伴い保険の強化を

近年、クレジットカードやスマホ決済を利用したキャッシュレス化が進められているが、EC取引はセキュリティ管理が甘ければ不正利用が増えやすい分野でもある。

セキュリティ面を強化するのはもちろんのこと、何かあった時の保険を強化しておくことも、顧客の不安を解消する手立てのひとつだ。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録